人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

現在分銅式のストリングマシンでテニスラケットにストリングを張っています。

ポリエステルのストリングを張るときは、プレストレッチしたいために、

(1)55ポンドで張る場合、まずは58ポンドに分銅をセットする。
(2)そのままストリングを引き、水平よりやや下に分銅が来る状態で数秒待つ。
(3)そのまま分銅(ロッド)を気持ち持ち上げつつ55ポンドの位置まで分銅をずらして再度ストリングを引く。
(4)ロッドが水平になった段階でクランプする。

というステップを踏んでいるのですが、もっとよい方法は無いでしょうか。
そもそも58ポンドで水平よりもやや下にロッドが来るようにしている段階で、プレストレッチになっているのでしょうか・・・(本人は5%程度のプレストレッチのつもりなんですが)

もう一つの方法としては、58ポンドで引いてクランプし、一度分銅を戻してから再度55ポンドで引きながらクランプを緩めるというのもあるかと思うのですが、ストリングがクランプ内でずれて傷がつきそうでどうもこの方法は取れません。


分銅式での、適切なプレストレッチの方法を教えてください。


●質問者: keroronX
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:つの クランプ ステップ ストリング テニス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●50ポイント

ストレッチは+10?+12%がいでしょう。つまり、60?62ポンドで引いてみてください。


ガット張り うんちくが参考になるでしょう。


2 ● godabin
●50ポイント

季節や湿度で変わるはずですので正解というのは多分ないと思われますが…

粗忽者ですので予め全てのガットを通して面を作っておいてから

余らせた一箇所を順繰りに引っ張っていく手順で張っておりますが

最近のガットは、ガット自体をプリストレッチで伸ばして戻す必要はなくて

メインとの摩擦で張れない分を強めに張るという感覚でいます。

ポリエステルガットだったら+5%のテンションをかけた状態で張ってしまって丁度良くて

クリッパーで固定して次を張るまでの作業で大体相殺されてしまう感じです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ