人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

祖父が高齢なもので、資産運用を任されたのですが、証券会社に祖父名義で口座をつくろうとしたら、お断りされてしまいました。しかたがないので、自分が持っている口座で祖父の資金を運用しようと考えています。祖父とは、利益がでたら、折半するという約束をしています。この場合、税金の方はどうなるのでしょうか?祖父からの借入金でも、利子などを取り決めれば、費用となるのでしょうか?ようするに、利益がでて、折半した場合、その折半した部分を利子として、費用化できるのでしょうか?

●質問者: ニトネコ
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:借入金 利益 税金 約束 証券会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● どたん
●170ポイント

お祖父様から信託を受けるという形で契約を結ばれてはいかがでしょう。

この場合、財産はすべてお祖父様の所有のままで、運用による所得税が発生するのはお祖父様になります。あなたはお祖父様から運用手数料(これにも所得税はかかる)をいただく形になります。


2 ● mdfmk
●200ポイント

http://englishrule.com/3/6/000010.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1035630345


郵送で口座開設できる証券会社なら祖父さま名義で口座開設ができるのではないでしょうか。

少なくともSBI証券ならば作れるそうです。

この場合、利益が出たら現金でもらう感じですかね。


3 ● papavolvol
●360ポイント ベストアンサー

お父さんの資産を預かって、質問者の口座に入れたとたんに、贈与だとみなされて高額な贈与税が課税されます。

それを防ぐためには、お父さんと質問者の間に正式に契約書を作成しなければなりません。しかし、他人のお金を一任勘定で運用して手数料などの収入を得るには、認可や届け出が必要です。一個人が勝手に契約書を交わすわけにはいきません。

お父さんを、口座開設の時だけでも証券会社の窓口に連れてゆくか、郵送で口座を開設されるのが良いでしょう。口座はお父さんの名義で開設してください。あとの運用は、お父さんがネットで運用したわけで、あくまで質問者の方はタイプ作業を代行した、という形です。

運用益はお父さんの利益です。お父さんの名義で所得税を納めてください。

質問者の方は、手数料収入をもらって所得税を納めるのではなく、お金をもらって贈与税を納めるか、生前贈与による相続税の特例を受けることになると思います。


4 ● suppadv
●160ポイント

ご質問の場合、費用計上は困難です。

他の回答者の方の指摘のように、色々と問題もあります。

まずは、ご祖父の口座を作成して運用を行い。

ニトネコさんは、手数料として、贈与税の掛からない範囲で贈与を受けるのが良いと思いますが、いかがでしょうか。


5 ● j4mika
●110ポイント

理論上は可能に思えますが、近くの税務署に問い合わせてから行った方が良いと思います。

例えば、単純な贈与であったとしても、実際はなかなか認められないことが多いため、わざと贈与税を払うなどするともよく聞きます。

また、高齢で口座を開けないとのことですが、様々な証券会社を当たられてはいかがでしょうか?証券会社によって考え方が全て違うので普通に証券会社で口座を開く方が税金的に悩む必要もなく良いように思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ