人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本以外でおこなわれている「安産祈願」の儀式などを調べています。
海外では元々「安産祈願」の風習自体あまりないようですが・・・
できれば、妊娠している本人はいなくてもよいものがあったら嬉しいです。
(例:人形を妊婦がわりにおまじないをかけて、後日妊婦さんに渡す など)
本人におこなうものでも構いません。
ちなみにお腹にペイントをする「メンディー」等は既に知っているのでこれ以外で。
よろしくお願いいたします。

●質問者: gunso33
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 ネタ・ジョーク
✍キーワード:いもの お腹 なう まじない 人形
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 松永英明@ことのは
ベストアンサー

古代ローマにはルペルカーリア祭という祭りがありました(Lupercalia - Wikipedia, the free encyclopedia=英語)。これは安産を祈る要素もありましたが、現代のバレンタインデーの習俗にも流れ込んでいます(バレンタインデー - 閾ペディアことのは)。

インドではドゥルガー女神やカーリー女神、ハーリティー女神が安産の女神とされます。また、インドの安産の儀式についてのブログ記事がありました→翡翠庵閑話: インドの安産の儀式

台湾の場合ですと「臨水夫人」(別名:順天聖母、陳靖姑)信仰があります。

1.臨水夫人媽廟の法事:概観より(臨水夫人の儀礼と「物語」)

台湾の女性は、一般に子宝を願うときは、註生娘娘というカミのもとへいく。台南においても同じで、この女神はいたるところにまつられている。

次に安産を願うときになると、臨水夫人がとくに選ばれる。そして子供が生まれたあとでは、七星娘娘というカミのところへいく。このカミには特に16歳にいたるまでの子女の成長を祈願する。こうした各段階に応じる三種のカミを一廟にまつるところとしては台南市中山路の開隆宮が名高い。

横浜中華街の媽祖廟でも、安産の神様として臨水夫人、子宝の神様として註生娘娘が祀られています。横浜中華街-横浜媽祖廟

◎質問者からの返答

たくさん調べていただきありがとうございました。

台湾は3つの神様がいるんですね。参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ