人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

木や草花って、自分たち以外に動物や風の存在を知っているから、種子を風に乗るような形状に進化させたり、綿毛やひっつきむし?みたいなカタチに進化させてきたんですよね?そんな情報ってどこに保存してきたんでしょうねぇ?不思議!!

●質問者: zentoyo
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:いるか 不思議 動物 存在 種子
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ipeeeei

それは少し違います。

いろいろな説がありますが、進化とは自然淘汰といって

その環境に、たまたま適していた個体が生き残り、適していなかった個体が絶滅する

という事の繰り返しでなりたっています。

例えば人で言うと、現在の女性達が脚の長い男性が好みだとします。当然、モテるのは脚の長い男性です。女性は、色々な脚の長さの男性の中から、長い脚の男性を選びます。そうすることで、脚の長い男性の子孫が増えます。そしてその子孫が、さらにそこから脚の長い男性を選び子孫を残す。

これを繰り返すことで人類の脚は長く進化します。

このとき、人類は、女性が長い脚が好みだから脚を長くしたのではなく

たまたま、脚が長かった男性の子孫が生き残り

脚の短い男性が絶滅してしまった、ということです。

そして、情報を伝えるのはDNAです。


2 ● coussinet
ベストアンサー

進化というのは、その生物が「生き残るために環境に適応するような形質を自ら選択する」のではなく、「たまたま獲得した形質が環境に適応して生き残っちゃった」ということです。


その形質の情報は遺伝子に刷り込まれて次の世代に受け継がれますが、100%そっくりそのまま受け継がれるわけでは、ありません。

人間だって親子は似ていますが、そっくりそのままの姿かたちが受け継がれるわけでは、ありませんよね。


何世代にもわたって微妙に変化しながら、より環境に適応したものが繁栄し、そうでないものは消滅していきます。これが淘汰です。


だから同じ「風に乗る形状」でも、同じ「動物のからだにくっつきやすい形状」でも、いろんな形状の種子があるでしょう。

スタートは同じでも違う方向に形状を変えたものが、たまたまどちらも環境に適応する形状だったので、どちらもが生き残っちゃったわけです。


そしてその陰に、それとは違う方向に変化したものの環境に適応できず消滅していった形状が、数え切れないくらいあるはずなんです。


3 ● papavolvol

「進化」を語るときに、キーワードが3つあります。

です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ