人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以前に放送大学の文化関連の講座の番組にて、巫女装束を着衣して女性達が、打楽器などの旋律に合わせて、合気道のような舞芸を揃って踊っている映像を見かけたのですが、このような祭儀や伝統舞踊について少しでも知っている方がおられたら、教えていただきたいです。

●質問者: SriVidyut
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:伝統 合気道 女性 巫女装束 打楽器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● tibitora
●0ポイント

「巫女舞」でしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=LOhfuLZmF1U

動画です。

http://gagaku.naganoblog.jp/c11337.html

巫女舞お稽古日誌

雅楽と巫女舞のお稽古のあれこれ

http://www.city.itako.lg.jp/cgi-bin/kanrisystem/kaview.cgi?no=110

鹿島神宮と祭神を同じくする由緒ある大生神社では、11月第3日曜日の例祭において「巫女舞神事(みこまいしんじ)」が奉納されます。七人囃子の奏楽にあわせて鈴を振りながら厳かに舞う姿には、幾代にもわたり受け継がれてきた、かつての神と人との関わりをうかがい知ることができます。

◎質問者からの返答

ご回答非常に有難うございます。

しかし、私も前もって「巫女舞」で色々YouTubeの動画など、ある程度調べてみたんですが、私の観た映像中の舞芸とは異なっています。どのような舞芸であったかというと、上文章中にあるように、打楽器の旋律に合わせて、合気道に似ている、(「合気道」と形容するにはちょっと極端ですが)ニュアンスで表現しにくいですが、静と動の両極性の強い舞踊でした。


2 ● koutarou
●0ポイント

雅楽ですかね。

ユニット"天地雅楽"

http://www.geocities.jp/tenchigaraku/menu008.html

メディアでもよくとりあげられるユニットですし・・・。

◎質問者からの返答

ご回答非常に有難うございます。

雅楽っぽいほどに、リズムは遅かった覚えがありますが、

現代にある音楽ユニットではなく、映像は明らかに祭儀舞踊だったです。

しかし、かなり昔に見たので、記憶が非常に曖昧で申し訳ありません。

音楽:伝統的な調べでした。打楽器の旋律は、よく見られる神楽系のように速くはなく、一般で聴くような雅楽寄りにゆっくりしていた気がします。

映像:古い建造物を横にした夜半での、観た限り伝統祭儀舞踊だったです。巫女装束に鉢巻や腕がまくってあったとか全然記憶が曖昧なので正確に装束に何が加わっていたかは覚えておりません。

「合気道のような」は正確には適切ではなく、解釈によっては戦意高揚的な雰囲気。巫女さん達一同がダルマさんが転んだのように太鼓の旋律に沿って、気のはいったような姿勢或いはポーズを繰り返していく感じです。


3 ● online_p
●200ポイント ベストアンサー

実際に合気道だったかもしれませんよ。合気道の開祖植芝は大本教の信者だった

ので、今でもかかわりが深いです。

ただ、放送大学で大本関連の映像を流すというのはちょっと考えにくいのですが。

出雲系の神道だとは思いますが、そこで大本系の女性合気道家が演武、あるいは

指導したのかもしれません。

(ちょっと調べてみました)

神社の御式内(作法)に手乞いという武術のようなものが伝わっていると合気道の

人たちは主張しています。そして、これが相撲の原型だとも柔術や合気道の原型とも

言います。

合気の人たちはそのいくつかを自分たちが継承していると称しているので、

そのご覧になった舞は合気技を利用した手乞いをイメージしたものだったの

かもしれません。

一般には古事記にある手乞いは相撲のことだとされています。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/28642/1198513312/271

http://d.hatena.ne.jp/mayumi_charron/20100201/1265016025

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ