人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

福島原発の設計上の耐震性能はどのくらいで、実際どのくらいの揺れが来て 施設は どの程度の損傷だったのかわかりますか?
すぐ 津波が来てあの通りでしたが 地震そのものに対してはどうだったのかなぁと気になりました。

●質問者: suzume_oyado
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:地震 津波 福島原発 耐震 設計
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● どたん
●50ポイント

福島第一原子力発電所5号機の建屋、機器・配管系については、水平方向600Gal、垂直方向400Galに耐えられるという調査報告が出ていますが(原子力保安院、2009年7月)、1?4・6号機については再評価中でした。

実際の地震の揺れは、最大で、水平方向460ガル、垂直方向302ガルで(東京電力、2011年5月)、5号機の基準の範囲内には収まっていたようです。また、いまのところ、地震による損傷はないという発表になっています。(個人的には柏崎刈羽原発の先例があるので疑っていますが)


なお、津波に対する安全性を再評価している最中だったようです。


2 ● aLisa
●50ポイント

旧耐震基準はマグニチュード6.5の直下地震に耐える。だそうですね。また、建築基準法の3倍というのも出ています。

http://www.pref.fukushima.jp/nuclear/info/pdf_files/100805-13.pdf

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ