人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

経営者の友人が「おれは頑張っているんだが、ウチの親会社にうまく食いついているあのコンサルとかのせいで最近ちっとも儲からない」 と真顔で寝言を言うので「売上が上がんないの他人のせいにするぐらいなら商売なんてやめちまえ出来そこない」とつい本気で応対してしまいそうになりましたが、色々な利害関係があってわたしがキレてしまうわけにいきませんし、地獄に突き落として自覚を促すとかもできません。父親から会社を継いで苦労らしい苦労もしないまま、従業員100人、年商20億の株式会社の社長になってしまった彼になんとか経営者としての自覚を持たせたいのですが、なにか良い知恵はないでしょうか?

●質問者: tanukibayashi
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:100人 コンサル 会社 利害関係 地獄
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 勇者よっしー
ベストアンサー

株主総会や役員会で社長辞任させてしまうというのもひとつの手だと思います。

本当に役に立たない社長であれば、快く思ってない役員・株主は山ほどいるでしょうし。

次の社長は、こんな投書をするぐらいですから、貴方は自分自身が適任だと思ってるんですよね。

◎質問者からの返答

早々のご回答、ありがとうございます。

そうですよね。総会での決議がまあ普通なのですが、「父親からあっさり会社を継ぐ」というのは「先代の創業社長から株をそっくり譲り受けた」ってことなのですよ。プロキシファイトとか全然ありえない世界なわけです。なので「自覚を促す良い方法」をお尋ねした次第です。

さて、わたくしですが自分の経営している会社の後継者育成に大変精力を奪われているため、危機が顕在化していない友人の会社の経営者の立場になんて正直なんの魅力も感じません。ただ、先代のオヤジさんに随分世話になったので、カモるのをやめているだけです。願わくば本当に洒落にならなくなる前に自分で気がついてほしいのですが.......虫がいいですかね?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ