人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

体熱について教えてください。
熱中症とか、発熱とか、とにかく体温が上がりすぎると下手すると死んでしまいますが、そもそも体温が上がりすぎると体内ではどのような一大事が起きるのですか?
具体的に教えてください。


●質問者: koko24
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:大事 熱中症
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● うぃんど
●50ポイント

1.42℃を超えるとたんぱく質が変質してしまって人は生きていけなくなります

ゆで卵が元に戻らないように、変質してしまったたんぱく質は元には戻りません

2.体温が上がってくると、体を冷やそうとするために血流が増えます

体内で温まった血液を体表面に近い部分に回して外気温で冷やすという効果を狙っています

血流が増えるため、ドロドロ血の人や血管が弱っている人は卒中などの病状を悪化させてしまう場合もあります

3.血流が増えるということは心臓の動きが早くなるということなので、酸欠を防ぐために呼吸も速くなります

喉や肺などが弱っている人は、呼吸困難に陥ってしまう場合もあります

4.脳と内蔵を優先して冷やす必要があるため、手足に血が回らず、まともに動けなくなってきます

5.生きている限りは発熱をしますので、冷却の限界を超えると、死を迎えることになります

◎質問者からの返答

返事が遅くなりすみません。

?と?についてですが、?血流が増えるとどうしてドロドロ血の人などは症状を悪化させるのですか??内臓を優先して冷やすということは内臓に血液が集まり手足に血が回らないという意味ですか?よろしくお願いします。


2 ● suppadv
●50ポイント

42℃を超えるとたんぱく質が変性します。

42度以上の熱=タンパク質の変性& 血液の酸素運搬に支障発生=死

と言うことになります。

http://sikaken-tororo.com/other/zatugaku/zatugaku1.html


3 ● こっば
●50ポイント

発熱のメカ二ズム

http://www.terumo-taion.jp/health/temperature/06.html

細胞の温度が42℃を超えると、体内の酵素系の障害が起こり始めるので、これを超える高い温度は好ましくないのです。つまり最適な体温は、できるだけ高いほうがいいのですが、一方では生命がおびやかされる42℃のレベルからは充分に離れていることが求められます。

約37℃という体温は、少々の発熱では42℃に届かないという条件で、充分に高い、つまり、ちょうどいい温度といえるのです。

では体温がどれくらい下がるまで生命が持ちこたえられるかというと、その限界は37℃からは大きく離れていて、大体20℃近くで心臓の動きが阻害され、生命がおびやかされると考えられています。

http://tatujin.net/hitonotaion.html

ヒトのからだは体温が上昇し始めると「体温調節中枢」により42℃を越えないようになっています。なぜなら、42℃を越す体温が長時間続くと、からだを組織しているたんぱく質が固まってしまい、生命を維持することができなくなるからです。


4 ● うぃんど
●50ポイント ベストアンサー

No.1の返信への返信

(2)血流が増えるとどうしてドロドロ血の人などは症状を悪化させるのですか?

1.流れにくいものを流そうとするには強く押す力(圧力)が必要になります(高血圧)

強い圧力は血管にも加わり、押し広げられ、弱っていると破裂します(卒中)

2.ゆっくりなら通れていたものも、急ぐと詰まってしまう場合があります(血栓)

血栓が出来るとそこから先に血液を送ることが出来なくなり、組織が死んでいきます(壊死)

脳卒中、心筋梗塞、肺梗塞など様々な重い状態になることがあるということです

健康な人でも汗を大量にかいたりすると一時的にせよドロドロ血になってしまいますので、早め早めの水分補給が重要と言われています

(4)内臓を優先して冷やすということは内臓に血液が集まり手足に血が回らないという意味ですか?

血流システムは脳や内臓を冷やすためにフル稼働しますが、そのやりとりは脳や内臓と体表面に近い血管(外気温との差で冷やすからです)が主となり、手足の筋肉などへの供給量は落とされます

◎質問者からの返答

わかりやすい説明どうもありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ