人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

死ぬ勇気も、現状を改善するやる気もない場合、どうしたらよいでしょうか?
ちなみに精神的な病気ではないです。ニコ動見て笑ってます。
要はクズです。楽しいことだけ受け付けて、面倒なことは拒絶する。
この歳にもなって人に助けてもらうことを期待している。どこかでまだ大丈夫だと思っている。
だから甘えがある。必死にならない。掴みにいかない。動かない。黙っている。受け身。

本当は分かっています。
俺がどんなに落ちぶれようと誰も助けてはくれない。だから、いい加減気づかなければいけない。
自分が動かなければいけないってことに。嫌なことがあっても挫けてばかりではいけない。辛くても努力を積み重ねなければいけない。

冷静に改善点を見つけて、1つずつ出来ることを増やせばいい。
できないことだけに注目して自分をけなすのを止めよう。失敗を受け入れよう。
案外、そうやって自分を少しずつ成長させようと頑張って生きていたほうが楽なのかもしれない。
自分をダメだと考えるのは冷静に自分を見ているようで、実は逃げているだけなんだな。
そして、逃げた先のほうがずっと生きづらい。

もっと楽な生き方をしようと思った。

●質問者: Nasinanasi
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:クズ ダメ ニコ動 努力 勇気
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● adgt
●20ポイント

手前味噌ですが、以下のブログエントリーを紹介します。

http://d.hatena.ne.jp/adgt/20110617/1308273199


2 ● Takumi!!!?
●1ポイント

頑張れ!


3 ● 勇者よっしー
●25ポイント

一流のプロスポーツ選手は、失敗についてこう思う事で対処します。

「この失敗は最初からストーリーに入っていた」

と。最終的に自分が勝つなら、失敗は想定内として、全部受け入れる心が必要です。

とりあえずバイトでもしてみて、失敗した時に乗り越えられるかどうか、試してみるといいと思います。

誰しも、失敗は恥ずかしいですが、失敗を謝らないこと、リカバーしないことはもっと恥ずかしく、心にずっと残ります。

失敗を恐れるんではなく、失敗を誤らなかったりリカバーしなかったりをしたくない、と決めて動くべきです。


4 ● マニ(???)
●20ポイント

色々な考えがあってまとまってない印象を受けましたが、

長文書く元気があれば大丈夫だと思います。

それほど難しく考えなくてもいいかもしれません。


5 ● gtore
●50ポイント ベストアンサー

あせって、必死になって、それで心身に支障をきたしてもいけないし、

かといって、なにもせず、逃げて、甘えたままでは、自立できない。

要するに、その「はざま」で生きるしかないのでしょう。

抽象的な表現にはなりますが、

ほかのだれでもない、自分の人生なのだから、自分なりに歩んでいくしかない…、と思います。

つまり、

案外、そうやって自分を少しずつ成長させようと頑張って生きていたほうが

ということです。頭ではわかっておられるんですよね…。


そこで、ひとつご提案なのですが…、

歩いてみる、というのはいかがでしょうか。

毎日の通勤以外で、1日20?30分ほど歩く時間をつくってみるのです。

歩くと、脳が活性化します。


http://nanapi.jp/371/

悩みがあるときや、ストレスを感じたときは、部屋に閉じこもってひとりで悩んでいても、ろくな考えは出てこないものです。

大島氏は、こういう時こそ外に出て歩くことが脳にとって有効的だと述べています。


じっとして考えた結論と、歩きながら考えた結論とは、

ちがってくるかもしれません。

わたしも、なにかに行き詰まったときは、散歩に出かけます。

普段通らない道を歩くだけでも、気持ちも新鮮になれると思います。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ