人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

事実を伝えておきた「被害」と風評の「被害」はちがう、というのはあっていますか

●質問者: surippa20
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:事実 風評
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● chapuchapu2525
●16ポイント

事実を伝えて起きたものはあくまで被害。

そこから口づたいにあることないこと伝わっていったりして起きている被害が風評被害だと思っています。


2 ● seble
●14ポイント

厳密に言えば、事件を伝えたその結果は事件その物の被害であって、伝えた事の被害ではない。

ややこしいですが、ここでは2つの出来事が起こっています。

まず最初に何らかの事件(ここでは福島の事だと思うが)

次は事件の内容を伝える事(報道、口コミ、風評その他)

放射能汚染の結果、対象の農産物が売れなくなるのは福島事故の被害であって事実の伝達の被害ではない。

しかし、放射能汚染の事件を不正確に、もしくは真実の一部のみしか伝えず、結果としてパニックや関係ない買い控え、買いだめ等が起こった場合は伝達の被害。

風評被害はここの不正確な事実の伝達に当たり、本来の事件そのものと直接関係ない不要な被害と言えると思います。


3 ● akira623
●14ポイント

難しいのは、何を事実としてとらえるかで風評の考え方が変わるというところでしょう。

事実というのは、◎◎でどれぐらいの放射線量が観測された。

とか、◎◎の事例では、◎◎ガンを発症する確率が◎%上がった。

(ただしそれすらも疑ってかからないといけないのですが)

◎%を、「有害」ととらえるか、「無害」ととらえるか。

それは実は個人の裁量であるはずなのに、メディアや伝聞により

「有害」や「無害」という情報になってしまう。

そのような情報が伝わることで、出た被害と とらえれば良いのではないでしょうか。


4 ● tibitora
●14ポイント

こちらを見つけましたのでお伝えしますね。

ご参考になりますと嬉しいです。

事実を伝えて起きた被害

・実被害=放射能検査、基準値を上回りました。出荷停止になりました。

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshinoya1054/64552527.html

風評被害

「風評被害」の社会心理

―「風評被害」の実態とそのメカニズム―

・1.問題の所在「風評被害」

「事実ではないのに、うわさによってそれが

事実のように世間で受け取られ、被害をこうむること(藤

竹 2000:624)」「実際には起こっていない、あるいは大し

たことではない事件や問題が大袈裟に取り上げられうわ

さが広まり、その結果問題の発生源とされる人や組織な

どがあらぬ被害を被ること(三輪 2000:20)」というよう

な定義がある。

http://www.disaster-info.jp/tohoku/huhyou-mechanism.pdf


5 ● loio
●14ポイント

あってます。

検査して基準以上で出荷停止すれば、被害。

放射能ありそうといって、検査すれされなかたり、基準以下でも買わなければ風評。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ