人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

意外と知られていない日本の食文化に関するエピソードを教えてください。
アメリカ人「日本のピザはピザじゃない。コーンやマヨネーズ、ツナはありえない。」
イタリア人「日本人はトマトケチャップ入れたスパゲティをナポリタンとか言うな。」
といった感じのものを求めています。


●質問者: マニ(???)
●カテゴリ:グルメ・料理 旅行・地域情報
✍キーワード:アメリカ人 イタリア ケチャップ コーン スパゲティ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● meefla

フランス人「日本のフランスパンだけは許すが、その他は味がないし、パンに麺のっけるなんて頭がどうかしてる」(意訳)

イギリス人「こんな柔らかいもん、パンじゃねー」(意訳)


D

1分46秒あたりから。


2 ● chinjuh

中国では餃子は茹でます。茹でたのが余ったら翌日は焼いて温めかえして食べます。焼き餃子は余りものなのでお客さんに出すなんて馬鹿じゃないのって感じだそうです。

あと餃子は麺類なので餃子と一緒にご飯をたべたりしません。うどんをおかずにご飯食べてるようなもんらしいです。


3 ● papavolvol

日本の「喫茶店」だと思うのですが、ピザにタバスコソースをかけて食べさせる店があります。

ピザはもともとはイタリア料理です。私にとってはアメリカ料理ですが。

タバスコソースはアメリカのソースでイタリアにはありません。

「日本ではピザにタバスコソースをかける人がいる」と話したら、イタリア人は激怒しました。アメリカ人は大笑いしました。


4 ● papavolvol

日本ではコーヒーや紅茶に「コーヒーフレッシュ」と呼ばれているものを入れて飲みます。

「コーヒーフレッシュ」はミルクやクリームの風味に仕立てた植物オイルです。

欧米ではコーヒーには「ミルク」または「クリーム」を入れます。アメリカには「ミルク」と「クリーム」を混ぜた「ハーフnハーフ」や植物由来の「クリーマー」もあります。

コーヒーに「コーヒーフレッシュ」を入れると、欧米で「クリーム」や「クリーマー」を入れた場合に近い味になります。

日本では紅茶にも「コーヒーフレッシュ」を入れることがあり、ミルクティーと呼んでいます。

紅茶に「コーヒーフレッシュ」を入れるのは、私には脂っぽくて信じられないです。イギリスでは紅茶には「ミルク」つまり牛乳を入れます。紅茶には必ず「ミルク」と決まっているのでイギリスの言葉に「ミルクティー」という単語はありません。「ティー」と言えば「ミルク」つまり牛乳を入れた紅茶に決まっています。

以前私のハワイ旅行のブログに「コーヒーフレッシュ」について書いたことがあります。よろしければご覧ください。こちらです


5 ● papavolvol

日本では「ハンバーガー用のパン」にはさめば、何でも「xxバーガー」と呼びます。

アメリカでは牛肉100%でない物に「xxバーガー」と名づけると不当表示になります。

日本のポークバーガーはアメリカではマックポークサンドイッチだし、日本のチキンバーガーはアメリカではマックチキンサンドイッチです。

農業省の表示の規則で、牛肉100%の肉のパテを「ハンバーガー」と呼びます。ポークやチキンでは駄目です。牛肉にポークなどを混ぜても駄目です。さらに牛肉に卵や小麦粉などのツナギを入れても駄目です。その牛肉100%の「ハンバーガー」を「ハンバーガー用のパン」に挟んだ物だけが「xxバーガー」と呼んでも良いのです。

それ以外の何を「ハンバーガー用のパン」に挟んでも「サンドイッチ」です。「xxバーガー」と呼ぶと不当表示になります。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ