人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

CD-R/DVD-Rライティングソフトでは実際に書き込みを行わないテストモードがありますが、BD-R/BD-REにはこの機能は存在しないのでしょうか?
imgburnなどのソフトでBD-Rではテストモードが機能しないことを確認したのですが、この機能が使えるソフトはありますか?
もし存在しない場合、BD-Rの仕様的に存在しないのでしょうか。それとも技術的に未成熟なだけでしょうか。

●質問者: elm32
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:BD-R BD-RE CD-R DVD-R ソフト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● papavolvol

実際に書き込みを行わないモード(テストモード)は、音楽CDのみに必要なモードだと思っています。しかも、今のPCと今のCD-Rドライブの性能ではもう不要な機能だと思います。

音楽CD以外のディスクは、アドレスの情報を持っていてアドレスの情報をもとにランダムアクセスします。同じCDでもデータCDはTOCにあるアドレス情報をもとにランダムアクセスします。

ところが、音楽CDには座標や時間軸の情報を使っていません。あるのは曲目情報のインデックスだけです。音楽CDの音楽を再生するときには、書き込まれたデジタル情報をそのままだらだらと読んでいって、それを1倍速に直してデジタル-アナログ変換してそのままスピーカーを振動させて音楽にしています。

つまり、音楽CDはそのまま曲の始めから終わりまでだらだらと読んで再生するので、書き込んだ時に同じ速度で書き込んでいないと音質が悪くなるのです。音楽CD以外のデジタル音楽は圧縮データをコンピュータのCPUが計算して解凍しながら再生するのでこんなことはありません。デジタルとは思えないこのような仕様になっているのは音楽CDだけです。

そのために、PCの性能やCD-Rドライブの性能が悪かった昔は、音楽CDの書き込み前に、テストモードで書き込み速度をコンピュータの転送速度が常に上回っていることを検証する必要がありました。転送が間に合わないと「バッファーアンダーラン」という現象になりました。

しかし、最近の音楽CDの書き込みではこれもほとんど心配する必要がありません。最近の音楽CDの書き込みはPCのディスクに前もってCDのイメージを作っておいて、そのイメージをCD-Rドライブに転送して書き込みますので、心配するのはディスクの読み出しスピードとPCからCD-Rドライブへの転送スピードだけです。だから書き込みの失敗はまずおこりません。書き込み中にWindows Updateが走ってしまったとか、ウイルスの定義ファイルの更新が走ってしまったとかいうことがない限り大丈夫です。

私がCD-Rを使い出した頃は、PCのディスクの総量が500Mくらいしかありませんでしたから、ディスクに前もってCDのイメージを作っておくことができませんでした。そのためデータ変換作業と同期をとりながらCD-Rに書き込んでいたのです。PCのメモリーも小さかったので変換作業にはディスクを仮想メモリーとして駆使して、SCSIという低速な転送を行っていました。PCの性能を最大限に引き出しても、CD-Rの書き込み速度に間に合わせるのがやっとだったのです。CD-Rドライブにもバッファメモリーを搭載していなかったので、常に綱引きでした。だからテストモードでPCを動作させて、常駐ソフトを停止したり、PCを再起動してメモリーを解放したり、いろいろ最適化して工夫して音楽CDを書き込んでいました。音楽CDの書き込み中に、CPUの変換作業が間に合わなかったり、転送が間に合わなかったりすると、その部分の音楽を再生すると「バリバリ」とか「チチチチ」とノイズが入るんですよ。最近のCD-Rドライブはバッファメモリも搭載しているし、バッファアンダーラン防止ソフトもついています。

DVDやBDはデジタル情報をアドレス情報をもとにアクセスするので、万一データ転送が書き込みに間に合わなくても、ドライブを待たせておいてデータが届いたら続きを書き込めばいいのです。だからテストモードを実行する必要はないと思いますよ。しかし、実際には現在のPCやドライブの性能ではバッファーアンダーランは心配する必要はないですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ