人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

平家物語ってだれが書いたんですか?ご返答お願いします。

●質問者: りょーーーー
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:平家物語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E7%89%A9%E8%AA%9E

信濃前司行長という説があります。


2 ● みずち

平家物語は、平安時代末期における平清盛ら平家の実権掌握から、源平の合戦による平家滅亡までを描いた、鎌倉時代に成立したとされる軍記物語です。盲目の琵琶法師(琵琶を弾くお坊さんの意味であり、特定の人物を指すのではない)が弾き語ったということで有名ですが、それを著わした本人はいまだ不明ということです。上にもあるとおり、最も古い説としては、信濃前司行長(信濃国の前司を務める行長さん、の意)が表し、それを生仏という盲目の僧侶に弾き語らせた、という記述が吉田兼好の『徒然草』にあります。他にも説はありますが、中国・日本の故事を踏まえた冒頭部分や、漢語の織り混ぜられた流れるような文体からは、作者が漢籍や文芸に通じた、非常に学識の高い人物であったことが想像できます。また、作品を通して一貫される無常観から、仏道の方面に熱心であったとも考えられます。この作品もいつかは滅びると考え、作者が自らの手で作品を記して残すことも、また名前を残すこともしなかったのは、ある意味当然なのかもしれません。その『平家物語』が、日本で最も地位ある古典文学作品の一つとして今も人々に語り継がれているのは、たいへん興味深いことです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ