人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

WindowsXP Pro SP3以降で、ドライバのインストールの際に表示される「ハードウェアの署名」を無視するレジストリを教えてください。
また、初期値の「警告を表示する」に戻すレジストリを教えてください。

単純に、
Driver Signing
のバイナリを01から00に変更しても、無効にならない理由も含めてください。

●質問者: juno_swd
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:WindowsXP インストール ドライバ ハードウェア バイナリ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● SweetSmile1978
●50ポイント

ドライバのインストール ポリシーが有効な場合にセットアップ中にデジタル署名の警告が表示される

http://support.microsoft.com/kb/822207/ja

これは、IEの説明ですが、同じはずです。

デフォルトで「警告するがインストールは許可する」に設定されていますね。


2 ● saijyoh_739
●50ポイント

http://journal.mycom.co.jp/column/winxp/086/index.html

上記ページ(最初、一定時間広告が表示され記事に切り替わります)に『HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows NT\Driver Signing

DWORD値「BehaviorOnFailedVerify」

この、DWORD値「BehaviorOnFailedVerify」のデータ値を「0」にすることでドライバ署名の有無を無視、「1」で警告、「2」でブロック。つまりインストールできなくするというわけです。あらかじめ対象となるレジストリキーをエクスポートしておき、Windows XPインストール直後に結合(インポート)すれば、スムーズなデバイスドライバのインストールができることでしょう。』と解説されてました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ