人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

新規、またはリニューアルでサイトを構築する場合、
HTML5、CSS3を導入しないほうが良いケースはありますか。

HTML5、CSS3のメリットが多く聞かれますが、思わぬデメリットがありそうで不安です。

●質問者: nolimit808
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:CSS3 HTML5 サイト デメリット メリット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● にんにん
●110ポイント ベストアンサー

私はそれほど詳しくは無いのですが…やっぱり大半を締めているIEの対応状況がデメリットじゃないでしょうか?IE9で対応されると言っても、アップデートするのは一部のユーザだと思いますし、ネットに詳しくない層は、IE6,7,8あたりが多そうです。IEとの表示にも対応するようにサイトを構築すれば特には問題が内容には思えます。HTML5+CCS3をバリバリ使ったもの“だけ”だと問題のような気がします。iPhone・iPad以外で共通のFlashがまだ強いですよね。iPhone・iPadだけはFlashの代わりにHTML5で提供する…といった流れにすると全プラットフォームに対応できそうですね。


2 ● km1981
●90ポイント

IE対応ですね

アクセスログを確認して、IE8以下のユーザーが少しでもいるようだったらHTML5に移行すべきではありません


当面の間は、IE8以下がきたらHTML4のページに移動させることが必要でしょう


3 ● a-kuma3
●100ポイント

サイトが対象としているアクセス層を、どう想定するか、によるでしょう。


先の回答では、IE ばかりが悪者にされてますが、インターネットが当たり前になっている今では、ブラウザのバージョンアップをしない人たちもたくさんいるはずです。

それは、Firefox や Safari だって同じ。

プロバイダとサイトの区別がついてないような若年層や高齢層でも、DS でゲームの裏技を探したり、ネットショッピングしたりしてるはずです。


HTML5 でしか表現できないサイトを作りたいのでない限り、まだ時期尚早かな、という気がしますが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ