人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/20110606-1nisa.pdfを元に放射性物質の、放出量をグラフにしてみました。
これで、「おおよその量」と、「半減期」から、どこに注意すればいいか分かると思うのですがどうでしょうか

(半減期が長ければ長いほど、放射線のでる量ははじめからかなり小さいということをふまえて、あとは「その量」を見てイメージするとどうでしょうか)

1309673381
●拡大する

●質問者: surippa20
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:どうでしょう イメージ グラフ 半減期 放出
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Slight_Bright
●34ポイント

どこに注意するかは、単純に放出された放射性物質の量ではなく、どの様に環境に放出され、それらがどの様に我々に影響するのか考える必要があると思います。


2 ● なぽりん
●33ポイント

科学統計、政策決定資料としてはよい資料だとおもいます。

でも、これを見ても全く意味が分からないまま不安がっている人も大勢いるのが現状だと思います。

(今はキセノンが最多となっていますね。これは気体です。

最初に放出されたヨウ素が放射性壊変してキセノンを生じているとの計算からですね。

このようにヨウ素の不安はどんどん減っていって、ヨウ素剤云々を民間でさわぐひとはもう居ないでしょう、キセノンはマスクなどで防御できませんが、大気中で薄まる速度が速い。一応安心して暮らす手がかりになるでしょう)

今後も、ヨウ素がどんどん減っていくでしょうし、現在も海洋への放出などもあり、半減期の長いものもずっと残っているので、そのときそのときで監視していかないといけません。

やはり多方面を多数の学者やマスコミが監視して、ニュースなどでその時点、その地域の

問題点を一つずつ解決していくに越したことはないとおもわれます。


3 ● こっば
●33ポイント

科学的には良いと思います。が、

これでも分からない人がいっぱいいるのが現状ですね。。

グラフだけではなく、一言添えるといいかもしれません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ