人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

糖以外のものからアルコールができる仕組みを教えてください。
化学式や生物学の知識をまじえて教えて頂けると助かります。
また、実例を教えて頂けると助かります。

質問者のスペック:農学部の博士課程後期中退 現在、高校理科臨時教員

●質問者: science_teacher
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:アルコール スペック 中退 化学式 博士
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●70ポイント ベストアンサー

こちらは参考になるでしょうか。

●製造方法概要 | 日本合成アルコール株式会社

http://www.j-s-a.co.jp/pro/outline.html

http://www.j-s-a.co.jp/pro/outline1.html

●日本アルコール販売(株) 事業法アルコールの種類

http://www.aruhan.gr.jp/aruhan/c2.html


2 ● suppadv
●30ポイント

酢酸エチルの加水分解


http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/2008/08ko-075.html

<エステルの加水分解>

6 試験管の酢酸エチルCH3COOC2H5を1mLとり,6mol/Lの水酸化ナトリウムNaOH水溶液を3mL加え,ゴム栓をして2?3分間激しく振り,溶液の変化およびにおいの変化を調べる。

7 6で得られた溶液を別の試験管に0.5mLとり,ヨウ素ヨウ化カリウム水溶液を2mL加える。約50℃に保って水酸化ナトリウムNaOH水溶液を1滴加え,よく振る。溶液が再び褐色になれば水酸化ナトリウム水溶液を1滴加える。溶液が濁るまでこの操作をくり返す。

実験結果を確認しましょう。

最初2層に分かれていたのが,1層になってしまいます。また,エステルの芳香が消えてしまいます。エステルが加水分解して,カルボン酸とアルコールに変わったのですね。酢酸ナトリウムとエタノールは水に溶けます。

CH3COOC2H5+NaOH→CH3COONa+C2H5OH

アルコールはエタノールですから,ヨードホルム反応で確認できますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ