人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

朝日連峰の避難小屋に、管理人さんが入るのは、
7月下旬?8月上旬の2週間と聞きましたが、
いつかそう聞いたことがあるだけで、確かなことを知りません。
今夏、朝日を歩く予定なのですが、できたら
管理人さんが駐在しているときがいいなと思います。
ご存知の方がありましたら教えてください。

これはわたしの、はてな質問デビュー作です。
このたび思い切って質問に参加してみました。
雲のむこうに向かって書いているみたいで不安です。
またやり方がよくわからないので、不備な点がありましたらお許しください。

●質問者: 野遊(やゆう)
●カテゴリ:趣味・スポーツ 旅行・地域情報
✍キーワード:はてな デビュー 上旬 下旬 不安
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Gleam

http://www14.plala.or.jp/qqqqqq/shelter%20hut%20oasahi.html

この避難小屋は平成11年に建てられたので、質問者様の聞いた情報は過去のものではないでしょうか。

このページでは管理人さんは

>例年は10月中旬まで常駐しています。

と書かれています。

◎質問者からの返答

朝日の小屋について、よくわかりました。

昨年通過しましたが、今年は宿泊したくなりました(^.^)

管理人さんについては、

どの小屋も同じ、ということではないようですね。

ありがとうございました。


2 ● あるぴにっくす
ベストアンサー

朝日岳は未踏峰なので、ちょっくら手元の資料をひっくり返して調べました。

1番さんの回答の小屋は山頂直下の避難小屋のようですね。

朝日連峰にはいくつも小屋があります。朝日鉱泉から入れば鳥原小屋も該当でしょう。龍門山側なら竜門山避難小屋もあります。

いくつか調べたところでは基本的にどれも避難小屋扱いで、ものによって夏季限定で管理人がいるパターンのようです(推測ですが小屋は地元の商工会議所の所有で、管理人は有志ではないかと思われます)。

その中でも大朝日小屋は管理人の滞在期間が長いほうではないかと思われます。

リストで掲示しているサイトがないかと探しましたが、

ここが情報が多かったのでリンク貼っておきます。

朝日連峰の避難小屋に、管理人さんが入るのは、

7月下旬?8月上旬の2週間と聞きましたが、

というのはこの中のいづれかの小屋のことかもしれません。

朝日岳はアプローチルートが複数あるので(どれも長い!)、どの小屋を使うかはルート次第だと思われます。時期が変わると管理人の常駐期間も変わるので、正確なところは地元の商工会議所にでも問い合わせることをお勧めします。

朝日町商工観光課 0237?67?2111

大江町商工観光課 0237?62?2111

避難小屋なら管理人が不在時でも鍵は空いているはずなので、寝泊りする分には支障はないでしょう。(電気が使えるかどうかの違い程度)

どっちにしろ寝袋に自炊は必須なのは変わりないので、あまり管理人がいるかどうかにこだわらなくてもいい気もします。

ちなみにヤマレコの朝日連峰の山行記録もあたってみましたが、2009年のものが最新のようです。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-46696.html

震災をまたいで状況がどうなっているかは予想ができないしいい加減なことは書けないので、やはり最新情報は電話確認することをお勧めします。


いい山行になることを祈っています。

これはわたしの、はてな質問デビュー作です。

このたび思い切って質問に参加してみました。

雲のむこうに向かって書いているみたいで不安です。

この回答が野遊さんのはてな質問デビューの期待に応えられていると嬉しいです。

◎質問者からの返答

くわしく調べてくださって、ありがとうございます。

じっくり読んで、参考にします!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ