人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

書店の本棚で「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「ゲーム理論」「行動経済学」「産業連関分析」「産業組織論」の6分類を順番に並べる場合、どういう順番が良いでしょうか?

●質問者: essere(エッセレ)
●カテゴリ:学習・教育 経済・金融・保険
✍キーワード:ゲーム理論 マクロ経済学 ミクロ経済学 書店 本棚
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Newswirl
●30ポイント

専攻は経済学です。

「マクロ経済学」=A

「ミクロ経済学」=B

「産業連関分析」=C

「産業組織論」=D

「ゲーム理論」=E

「行動経済学」=F

ABは経済学においては最重要項目なので、隣同士が良いかと思います。

それ以外は、専攻する分野によって順序が替わる可能性があります。

AとCは分野が近いので、ACBの順でもアリです。

EとFも並行して勉強するスタイルがあるので、隣同士が良いでしょう。

ABCDEFの順かACBDEF、ABCEFDのような感じでよろしいかと。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になりました。


2 ● koutarou
●30ポイント

経済理論

(1) ミクロ経済学

(2) マクロ経済学

(3) ゲーム理論

(4) 行動経済学

専門分野

(5) 産業組織論

(6) 産業連関分析


ご質問の順とほぼ同じですね。(5)「産業組織論」が上ですが。

組織→関連(連鎖)の方が、分かりやすいのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

なるほど、理論と分野で分けるという切り口ですね。


3 ● Hyperion64
●40ポイント ベストアンサー

中堅書店であれば1)の図書館分類的な並べ方、社会科学など専門書が充実している書店であれば、2)の学生・先生向きの並べ方では、という選択肢があります。

1)図書館分類的な並べ方

図書館の分類法である「日本十進分類表」では、

331 経済学

332 経済史・事情 経済体制

333 経済政策・国際経済

335 企業・経営

これに従えば、上から下への並びになります。

331 「ミクロ経済学」 経済学の教科書はミクロが先でマクロが後になります

「マクロ経済学」

「行動経済学」

「ゲーム理論」

「産業連関分析」

335 「産業組織論」


2)専門の学生・先生向きの並べ方

経済学の論文記事はJEL分類コードを採用します。それは次のようなものです。

JEL: A - General Economics and Teaching

JEL: B - 経済思想史, Methodology, and Heterodox Approaches

JEL: C - 数理的手法と定量的手法

JEL: D - ミクロ経済学

JEL: E - マクロ経済学 and Monetary Economics

JEL: F - 国際経済学

JEL: G - Financial Economics

JEL: H - 公共経済学

JEL: I - 医療経済学, 教育経済学, and Welfare

JEL: J - 労働経済学 and Demographic Economics

JEL: K - 法と経済学

JEL: L - 産業組織論

JEL: M - 経営学 and Business Economics; マーケティング; 会計

JEL: N - 経済史

JEL: O - Economic Development, Technological Change,etc.

JEL: P - Economic Systems

JEL: Q - 農業経済学 and Natural Resource Economics; 環境経済学

JEL: R - 都市経済学, Rural, and 地域経済学

JEL: Y - Miscellaneous Categories

JEL: Z - Other Special Topics


これでゆくと

JEL:C ゲーム理論、産業連関分析

JEL:D ミクロ経済学、行動経済学

JEL:E マクロ経済学

JEL:L 産業組織論

上記の根拠はこのサイトを参照してください。また、産業連関分析もテーマの細目によっては「JEL:Q」や「JEL:R」になることもあります。

◎質問者からの返答

1)だと、産業組織論が経営学の範疇になるのでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ