人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ジブリ映画 ってなんで〇〇の〇〇が多いのですか。
となりのトトロ
天空の城ラピュタ
魔女の宅急便
・・・など
知ってたら教えてください

●質問者: yuta
●カテゴリ:就職・転職 書籍・音楽・映画
✍キーワード:となりのトトロ ジブリ 天空の城ラピュタ 映画 魔女の宅急便
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● くりす
ベストアンサー

http://b.hatena.ne.jp/articles/201007/1371 より

「『の』の法則」と呼ばれているこの法則は、長年ジブリ作品を支えてきた日本テレビの奥田誠治さんが最初に発見したもの。ある日奥田さんが「宮崎駿監督の作品のタイトルには必ず『の』が入っていて、それがヒットの秘訣になっているのでは?」と気づいたのをきっかけに、その後もタイトルに「の」を入れることが多くなったそうです。また同じくジブリ作品を手がける高畑勲監督の作品の場合は、「ほ」が付くとヒットするという法則があるとのこと。言われてみると「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」など、確かにそうなっていますよね。

ということで、宮崎駿監督の作品のタイトルには「の」を入れるのが慣例になっているそうです。

◎質問者からの返答

具体的でした。ありがとうございます(^e^)


2 ● あっちゃん

火垂るの墓

紅の豚

借りぐらしのアリエッティ

風の谷のナウシカ

千と千尋の神隠し

猫の恩返し

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ