人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アントワーヌ・ラヴォアジエについて
アントワーヌ・ラヴォアジエについてどんなことでもいいので教えて下さい(できれば詳しく)


●質問者: みずき
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:アジ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Gleam
ベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

>アントワーヌ・ラヴォアジエが質量保存の法則(1774年発見)を打ち立て化学現象において細心な測定と定量的観察を要求したのを境に、化学は一人前の科学になった。


http://www.heat-tech.biz/technology/introduction-to-temperature-controllers/sousa/374.html

>窒素が元素であることを発見したのはフランスのアントワーヌ・ラヴォアジエ(1743-1793)で、フランス語で「生きられないもの」という意味の"azote"と命名しました。


http://www.siyua.net/

>酸素の燃焼と呼吸での役割を解明したのはアントワーヌ・ラヴォアジエである。


http://jiten.biglobe.ne.jp/j/5b/11/eb/41519bed93d899239c61eef13ed75020.htm

>ラヴォアジエの功罪

>ラヴォアジエは、厳密な物質量確認を伴う酸化の実験を通じて、燃焼の実態を正しく説明することに貢献した[7]。彼はフロギストン説を否定し、プリーストリーらが発見したガスが元素のひとつであると立証するため、1774年以来行われた実験の追試に乗り出した。


http://naturalwater.kentei.cc/%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%B0%B4/answer/14/1

>酸素の名称(英: Oxygen)はギリシャ語の oxys (酸)と gennan (生む)に由来する。

>これは命名したアントワーヌ・ラヴォアジエが、酸素が酸の素であるとの誤解を元につけたことによる


いくつもの重大な発見をして、化学の歴史に名を残す偉大な学者です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます

すごくべんきょうになりました


2 ● Hyperion64

生涯についての要約です。

ラヴォアジェはパリの牧師の家庭に生まれ、法律学をおさめた。

21歳でもう、科学アカデミーの賞金を獲得し、その後すぐアカデミーの正会員となった。26歳のとき、彼は収入をふやすことにした。親の遺産からくる収入だけては、科学の仕事を続けていくのに十分とはいえなかったからである。

彼は、徴税組合に入った。これは税取立て人の団体で、政府のため税や付課金を徴収するのがその仕事だった。

これが後に革命政府の告発を招く。

ラヴォアジェがまったく不正なしに職務を執行していたことは確かであり、この誤解とも闘ったにもわらず、1791年に告発され、ギロテンによる死刑の判決をうけた。彼が科学につくした功績を理由に処分取消しを求めた友人の努力も、いっさい無駄であった。答えはこうだった。

「共和国は学者を必要としない」

友人の数学者ラグランジュはこう書きしるした。

「ラヴォアジェの首をおとすにはほんの一瞬あればよいが、これと同じ頭を作るには百年あってもたりないだろう」

ちなみに美しい未亡人は再婚した。そうは言っても、彼女のラヴォアジェへの献身ぶりはつとに有名であった。フランス革命史の悲しい一節です。

夫妻を描いたダヴィッドの絵画があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:David_-_Portrait_of_Monsieur_Lavoisier_and_His_Wife.jpg


以上、シュテーリヒ『西洋科学史』より要約し、適宜補いました。名著なので復刊してほしいです。

西洋科学史〈3〉理性の時代 (1975年) (現代教養文庫)

西洋科学史〈3〉理性の時代 (1975年) (現代教養文庫)

◎質問者からの返答

ふむふむ、なるへそ

ありがとうございます

べんきょうになりました!

m(__)m アリガトォ

ドモ\(^_^



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ