人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

サービス残業の現状を知る資料をご存知でしたら、教えて下さい。

自分は今、小売業でサラリーマンとして働いていますが、サービス残業が日に日に多くなってきました。タイムカード式なのですが、以前でしたら、終業の1?2時間前程度のタイムカードの打刻でした。ですが、最近は、3?4時間前と、だんだんとサービス残業の時間が増えてきています。これは多いのでしょうか、少ないのでしょうか。
今現在は、世間的に厳しい経済状況なので、サービス残業は多くなっているだろうとは思うのですが、一体、自分はどの程度多いのか、少ないのか、参考までに知りたいと思っています。ご存知でしたら、教えて下さい。

●質問者: kk
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:だんだん サラリーマン サービス残業 タイムカード 小売業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Yoshiya

2年前に公開されたシンクタンクのレポートです。


『サービス残業』の急増とその背景 -不況期だからこそワーク・ライフ・バランス-(2009.10.30 株式会社 東レ経営研究所)

【本研究レポートの概要】


1.「サービス残業」は2009年上半期に急増

サービス残業は、2000年代に入ってから減少傾向にあったが、2009年上半期に反転・急増している(対前年比10.6%のペースで増加)。

※ 労働時間をめぐる労働者の回答と企業の回答の差を「サービス残業」と定義。


2.「大企業」、「正社員」、「鉱業、飲食店・宿泊業、情報通信業」で特に増加

従業員規模別にみると、500人以上の大企業は対前年比31.9%と急増。雇用形態別にみると、正従業員は対前年比12.3%増。業種別にみると、鉱業、飲食店・宿泊業、情報通信業で増加。


3.サービス残業急増の背景には、従業員の「誤解」

会社がサービス残業をさせようという意図はなく「残業削減」を謳っても、業務の平準化・効率化に着手していない職場では、「仕事は減っても、一向に業務は減らない。会社が残業削減と言うのは賃金コストを節減したいのだろうから、サービス残業すればいいのだろう」と、従業員が誤解しやすい。


(以下略)


レポートの本文はPDFで公開されています。

http://www.tbr.co.jp/div_wlb/pdf/inf_003.pdf

(サービス残業のデータについてはP3?P5、利用統計及び計算方法についてはP10に記載されています。)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ