人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今年の5月30日のリニューアルによって、はてなの人力検索で、利用規約上、前は禁止だったけれど、今はよくなったこと、逆に前はよかったけれど今は禁止されたことは何ですか?

●質問者: Gleam
●カテゴリ:はてなの使い方 インターネット
✍キーワード:はてな リニューアル 人力検索 利用規約
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
●10ポイント

良くなったと感じるのは回答が全て即座にオープンされることでしょう。

回答者として気に病む必要が無くなった。

ただし、クイズ形式の質問は出しにくくなったようで、選択性にしてくれれば良かったと思います。

良かったと悪かったの両方ですね。

完全に良くなったと思えるのが回答の編集機能です。

打ち間違いをした部分がありそうでも、勢いで回答登録して、読み返して編集すれば良い。

悪くなったことで言えば「いわし」の廃止が一番です。

ポイントゲッターも多かったが、面白い質問も多かった。

同様に悪くなったのがコメントの編集機能が無くなった事です。

編集しようとするといったん削除して登録しなおす必要がある。

良いか悪いか不明なのがガイドラインの明文化です。

以前にもありましたが、清濁併せ呑む感じの部分もあって、イレギュラーな泥臭さもあって、魅力を作る肥しになっているようだった。

これは私の感じ方の部分で、どうしようもない泥仕合も多かったので、一気に削除されてしまう現在と比べて善悪不明と言っておきます。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

すみません、質問文の書き方が悪かったです。

回答者2の方の解釈が正しいです。


2 ● あるぴにっくす
●20ポイント

利用規約上、前は禁止だったけれど、今はよくなったこと、

よくなった=禁止事項ではなくなった、という意味でいいでしょうか?

はてな利用規約自体は今回のリニューアル時には変更されていない(最後は(2009年10月14日改定))ので、「(リニューアルの)前は禁止だったけれど、今はよくなったこと、逆に前はよかったけれど今は禁止されたこと」はどちらも無い、というのが正しいかと思います。

↑失礼しました。meeflaさん指摘の通り、最終改訂日は(2011年5月30日改定)です。

そう言えば、改訂前には「第6条(禁止事項)」に「「人力検索はてな」を利用するに際し、以下のような行為を行ってはなりません。」という項目があったはずですが消えていますのね。ごっそりガイドラインに移ったものと思われます。

meeflaさんの回答に2009年2月20日版の該当箇所が引用されていますが、記憶ではもう少しあったように思います。あやふやで申しわけないですが、「ID名指しの質問の禁止」はリニューアル前に既に明文化していた記憶があります。

ただし、人力検索に限って言えば「人力検索はてな利用ガイドライン」が新たに制定されましたので、(人力検索のみの)禁止事項という点ではこちらが増分になります。

ちなみに「ガイドライン」とありますが、その内容は「してはいけない行為」を明文化し、運営側で即時に質問を削除(非表示)する行為に根拠を与える内容になっています。禁止行為自体は「はてな利用規約」にあいまいに記載されていたものから大きく変わったものではないようです(一部? と思う項目も無いわけではないけれど・・・)。

つまり規約ではなくインターネット上の慣習や倫理に頼っていた良くない行為を、ガイドラインで明確化することで質問の非表示やアカウントの停止に根拠をつけただけにすぎません。

ご存じかもしれませんが、「はてな利用規約」ははてな全体のサービスを包括して規定するものであり、人力検索に限らず適用されます。一方リニューアル時に制定された「人力検索はてな利用ガイドライン」は人力検索だけに適用されます。

例えていうなら、「はてな利用規約」が国会で制定される法律のようなもので「人力検索はてな利用ガイドライン」は行政単位で制定される政令のような位置づけでしょうか。

※脱字少し訂正しました。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

丁寧に答えてくださって感謝します。


3 ● スパイク☆
●2ポイント

とにかく「いわし」が無くなったのが一番悪い点ですかね。

あの質問タイプはとても回答しやすく、人気もあったんですけどね…。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


4 ● meefla
●100ポイント ベストアンサー

リニューアル前の利用規約と、リニューアル後の 人力検索はてな利用ガイドライン とを比較すれば良いわけですが、Internet Archive に残っている最新のはてな利用規約は 2009年2月20日版 のようですので、いくつか抜けがあるかもしれない事をお断りしておきます。


ご存知のように、リニューアル前には独立したガイドラインは存在せず、はてな利用規約 の中の一項目として禁止事項が記述されていました。

上記 Archive の、第6条(禁止事項)第4項です。

4. ユーザーは、本サービスの「人力検索」を利用するに際し、以下のような行為を行ってはなりません。

  1. 自作自演の質問と回答を行う行為
  2. 繰り返し類似した質問を登録したり、意味不明な表現を用いた質問を登録する行為、質問の意図から明らかに反れた回答、虚偽の回答、広告宣伝目的の回答、不快感を与える回答を行う行為
  3. 仲間内だけの理解を目的とする発言行為
  4. 直接的に人物や物品を募る内容を発言する行為
  5. 質問において、ポイント送信等を募り意図的に他者からポイントを収集する行為

これを踏まえて、現在の「人力検索はてな利用ガイドライン」の禁止事項第2条と第5条にコメントを付けてみます。当然ながら、コメントは私見によるものですのでご注意下さい。


2. 下記のような迷惑行為・嫌がらせ行為を行ってはいけません

  1. 質問に対し、意図的に不適切な回答を投稿する行為
    • 旧4-2「質問の意図から明らかに反れた回答」とほぼ同義ですが、「意図的に」という文言が入っています。質問の意図が不明確な場合、意図から外れた回答をせざるを得ない場合もある、という事でしょう。
  2. 一旦投稿した回答に対し、正当な理由なく異なる内容に変更したり、回答内容の重要な部分を削除する行為
    • 新設。回答の編集機能はリニューアル以後の機能です。
  3. 適切な回答が得られているにも関わらず、正当な理由なく質問をキャンセルする行為
    • 旧3-4「本サービス利用上不適切な行為」の「有益とみなされる回答が得られているにも関わらず、意図的に回答者にポイントを支払わずに質問をキャンセルするなど、マナー違反とみなされる行為」。人力検索を指していると思われるのに、一般的なサービスの禁止事項に記載されている、という点が改善されました。
  4. 虚偽の回答、広告宣伝目的の回答、不快感を与える回答を行う行為
    • 旧4-2に全く同じ表現があります。
  5. 回答を募る意図のない無意味な内容を質問として投稿する行為
    • 旧4-2「意味不明な表現を用いた質問を登録する行為」ですが、この文言のままでは、例えば カレーを一晩寝かせる のようなネタ質問は、人によっては意味不明な表現となり NG になってしまうでしょう。「回答を募る意図のない」という文言を追加する事によって、一見無意味な質問文のネタ質問を可能にしたものと考えられます。
  6. 不快感を与える回答、公序良俗に反する回答を募る質問を投稿する行為
    • 「不快感を与える回答」は旧4-2にありますが、「公序良俗に反する回答を募る質問」は新設かもしれません。
  7. 質問や回答、コメント、およびトラックバック機能を利用して、論評の範囲を超えた誹謗中傷、侮辱的な内容を投稿する行為
    • 旧2-4「社会的に不適切な行為」の「迷惑行為、嫌がらせ行為、誹謗中傷行為、正当な権利なく他者に精神的被害・経済的被害を与える行為」に当たりますが、より具体的な記述になっています。
  8. 通報機能、回答拒否機能を濫用し、他ユーザーに不利益を及ぼす行為
    • 新設。かねてから問題になっていた所ですが、明示されました。
  9. 特定の私人に対して否定的な内容の回答や権利侵害となる内容の回答を募る質問を投稿する行為。尚、特定の私人を名指しした質問については、当事者からの削除依頼があった場合、無条件で削除します
  10. 質問内で否定的な内容を挙げ、該当する私人名を回答させるなど、特定の私人に対して誹謗中傷することを目的とした質問を投稿する行為
    • 新設。前項をご参照下さい。
  11. その他、迷惑行為・嫌がらせ行為に該当する行為
    • 旧2-4「社会的に不適切な行為」の「迷惑行為、嫌がらせ行為、誹謗中傷行為、正当な権利なく他者に精神的被害・経済的被害を与える行為」

5. 下記のようなサービスの健全な運営の妨げとなる行為を行ってはいけません

  1. サービスを営利宣伝目的、求人目的で利用する行為
    • 旧3-1「本サービス利用上不適切な行為」の「宣伝や商用を目的とした広告・勧誘その他の行為。ただし、当社が各サービスのヘルプに別途定める場合はその限りではありません。」ただし書きは、ダイアリーのアフィリエイトを想定していると思われますが、人力検索に関して言えば該当するものがないという事になります。
  2. メールや他サイトへの投稿など人力検索はてな以外の手段での回答を求める行為
    • 新設。過去に例があったと記憶しています。
  3. 人力検索はてな以外の手段で回答を行い、その対価を求める行為
    • 新設。過去にこれを実行したユーザーがいたと記憶しています。
  4. はてなポイントの譲渡、収集、移動などを目的として不正に質問や回答などサービスの利用をする行為
    • 旧4-5「質問において、ポイント送信等を募り意図的に他者からポイントを収集する行為」。複数アカウント間でのポイント移動目的の質問・回答も禁じられました。
  5. はてなポイントや金品の授受を提案する、あるいは求める内容を投稿する行為
    • 旧4-5「質問において、ポイント送信等を募り意図的に他者からポイントを収集する行為」と、旧4-4「直接的に人物や物品を募る内容を発言する行為」。「私のアイコンを作って下さい」は、アイコンデータを「物品」と解釈すれば禁止行為になってしまいますが、「金品」という表現になった事によって禁止行為には該当しなくなった、と私は解釈しています。
  6. 同一あるいは類似の内容の質問や回答を連続してあるいは大量に投稿する行為
    • 旧4-2「繰り返し類似した質問を登録」。回答への制限が明示されました。
  7. 自作自演行為
    • 旧4-1「自作自演の質問と回答を行う行為」。「そもそも質問と回答がセットで自作自演でしょ」というツッコミの余地がなくなりました。
  8. 意図的に紛らわしい内容、誤認を誘う内容の質問を行い、回答者に不利益を与える行為
  9. 虚偽の登録情報で質問や回答を行う行為
    • 新設。
  10. サービス利用停止となった後、別途アカウントを取得し、再度サービスを利用する行為
    • 新設。
  11. その他、当社による注意勧告、命令、強制措置などに反する行為
    • 旧第10項「ユーザーは、以上の各項の他、当社が不適切であると判断する行為を行ってはなりません」が該当すると思われますが、より具体的な記述になっています。

長文になりましたので、ガイドラインの第3条「公序良俗に反する行為」や第4条「青少年保護の観点から適切でない行為」は割愛させていただきますが、旧利用規約よりも細かい規定になっています。


最後に、「前は禁止だったけれど、今はよくなったこと」として、旧4-3「仲間内だけの理解を目的とする発言行為」をあげておきます。

この条項を厳密に適用すると、例えば「うごメモ」に関する質問は NG、という極論も成立しえます。

「うごメモ」を使用していないユーザーにとって、「うごメモ」ユーザー同士の情報交換は「仲間内だけの理解」に該当するからです。


以上、ご参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

大変丁寧に答えてくださって感謝します。

このような回答を期待していました。


5 ● yoda
●0ポイント

やっぱりイワシが無くなったことです。結構よかったのに。

こんな回答ですみません。

◎質問者からの返答

>こんな回答ですみません。


と自分で書いているってことは悪いことであるって自覚しているんですね。

2度とこういうことはしないでください。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ