人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人事業の開業・廃業等届出書について の質問です。
購入した投資用不動産と自分が住んでいる場所が別の場合、どちらの税務署に書類を出せ ばいいのでしょうか?
また、納税地はどこになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。


●質問者: DarkStar
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:不動産 投資 税務署 開業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● sainokami
●75ポイント

納税地の欄に「住所地・居処地・事業所等(該当するものを○で囲んでください。)」とありますから、

普通に考えて住んでいるところを所轄している税務署でしょうね。

納税地も住所地で。

一番、居る割合が多い場所でしょうね。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/04.pdf

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。では、マンションの所在地の税務署には開業届を出す必要はないと言うことでしょうか?


2 ● asunanto
●75ポイント

住所地が大原則のようです↓

http://www.cg1.org/knowledge/syotoku/090720.html

ただ、事業所を納税地とすることもできるようですが、これは例外措置になるみたいで、「所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書」が必要みたいですね。


3 ● suppadv
●75ポイント

個人事業の開業なので、事業所をどこにするかということで決めます。

購入した投資用不動産内に事業所を作って仕事をする場合には不動産のある場所、自分が住んでいる場所で仕事をするばあいにはそこが事業所になります。


4 ● km1981
●75ポイント

あなたが個人事業を登記している管轄税務署です

納税地も同じです

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ