人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【ノートパソコンのオーバークロックについて】
http://www1.jp.dell.com/content/topics/segtopic.aspx/misc/alienware_deals?c=jp&cs=jpdhs1&l=ja&s=dhs&~ck=anav
このページの1番右側の機種は、出荷時にCPUをオーバークロックできるのですが、発熱や動作音がすごいとか、CPUの寿命が縮まる等の心配はないのでしょうか?

●質問者: Gleam
●カテゴリ:コンピュータ ゲーム
✍キーワード:CPU オーバークロック ノートパソコン 寿命
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● km1981
●50ポイント

搭載しているCPUはCore i7-2920XMですね

http://ark.intel.com/products/52237/Intel-Core-i7-2920XM-Processor-Extreme-Edition-(8M-Cache-2_50-GHz)


インテルがオーバークロック可能な仕様にしているとはいえ

オーバークロックはCPUメーカー動作保証範囲外です

当然冷却のためのファンの回転数も上がるし(もともとうるさい機種ですが)

CPUの寿命も縮まると思います

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

>(もともとうるさい機種ですが)

このメーカーの全部の機種にうるさい傾向があるということでしょうか?


2 ● a-kuma3
●300ポイント ベストアンサー

Intel の Sandy Bridge な CPU は、昔ながらのクロックアップはかなり制限されています。

質問にあるような 2.5GHz → 4.0GHz のクロックアップは、それぞれの core ごとに

割り当てられている上限を大きく設定していることで実現しているのだと思います。

http://forum.techinferno.com/alienware-m18x/548-official-alienware-m18x-benchmarking-thread-10.html


技術的には、Turbo boost の範疇なので、Intel のサポート範囲内だと思いますが、

制限を緩くして、core ごとの動作の倍率を増やしているので、

発熱量という観点では、昔ながらのベースクロックアップと同じように

発熱量は増加します。


CPU は違いますが、制限を緩めても、Turbo boost による熱量の制限は効きそうな感じがします。

http://www.dosv.jp/feature/1103/29.htm

なので、2920XM (4.0GHz overclocked) でも、温度が上がり過ぎれば、

実効の動作周波数が下がってくるんじゃないでしょうか。


とはいえ、2920XM 2.5GHz (3.5GHz Turbo Mode) よりは、

熱量が高い動作を強いるわけですから、それに応じて多少は故障率は上がってくると思います。


音については、それほど細かい制御をしているわけではないと思うので、

両モデルを比べて、極端な差が出てくることは無いと思います。


# 感想みたいな回答になってしまい、申し訳ありません

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

詳しく調べてくださって感謝いたします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ