人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「光の粒子説と波動説」は,「量子力学の出現によって解決され,本質的に光は波動と粒子の性質を合わせもつことが明らかとなった(略) 粒子とは物質であり,波動とはその存在様式であり,量子力学の世界ではこの二つは互いに矛盾しない(略)」(塚原仲晃著「脳の可塑性と記憶」)といいますが、もしかしたら、「光は位相をもつ粒子である」というほうがより正確ではないでしょうか。

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:位相 塚原 存在 本質的 波動
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ