人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「雷」の表現。

♪青いイナズマ と言うように、稲妻(落雷)は実際に見ると青かったり白かったり紫だったりするのですが、雷様のビカビカしたカタチのイラストや落雷のイラストになると黄色で表現するのは何故なんでしょうか??

★「わかりません」「なぜでしょうね」等答えになっていない回答は不要です。
★内容が正しくともURLをズラズラッと貼っただけの回答は不要です。

1312190687
●拡大する

●質問者: まげ
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:URL イラスト 不要 稲妻 落雷
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● サディア・ラボン
●10ポイント

昔の電球が、

黄色かったからでしょうか。

雷の正体は電気だと教えられたら、

実際には黄色く見えなくても、

電気は黄色だという先入観から、

黄色く塗ってるんだと思います。




太陽も、実際には赤く見えないけど、

絵では赤いです。

多分、燃えてる星という事で、

火から連想したんだと思います。

◎質問者からの返答

お答えいただきありがとうございます。

「電気=黄色」は自分でも想像が出来るんですが、何故それが見た感じと違う「雷=黄色」で一般的に普及したのか根拠みたいなものがあったら知りたいなぁと思って質問したのでした。

「先入観」というキーワードはなるほどな、と思いました(^_^)

太陽の「赤」も、燃える太陽の惑星を見た大人に小さい頃教えられた色なんでしょうね。頑なに太陽を「黄色」で描いている子を昔は不思議に思ったものですが、見たまんまだと確かに「黄色」「白」ですよね(笑)

私も物心付く頃には太陽=「赤」の先入観が出来上がってたんでしょうね。


2 ● おかず
●15ポイント

雷のイラストで黄色がよく使われているのは、黄色が他の色に比べて明るく目立つ色であるため、光や雷を表現するのに向いているからです。

警告・注意の交通標識では、よく黄色が使われていますが、これも、黄色が他の色よりも目立つ色だからです。

逆に、実際の雷の色である青色や紫は暗い色なので、光や雷を表現するのに向いていません。また、白色は最も明るい色ですが、鮮やかな色ではないため目立ちません。もっとも、プロのイラストレーターが光や雷を表現するのに白を使う事はよくあります。

◎質問者からの返答

お答えいただきありがとうございます。

注意・警告の表現というお答えを一番最初に書いてくださいましたね(^_^)

確かに落雷は危ないですから。

「黄色が目立つ色なので雷の表現に向いている」と言うことが断言できる、何か「例」みたいな文章抜粋やURL等があればもっと説得力が出て納得できたかもしれません。(^^;)

因みに私はプロのイラストレーターですが、黒色背景に水色や薄い紫の雷でも結構目立たせることができますよ。勿論、白も黄色も使いますけどね(^_^)背景の空がグレーだと黄色でも目立たなくなります。


3 ● むにょ*
●15ポイント

人間というか、日本人は特に、色で物を識別しやすい文化があります。

たとえばトイレでも青は男性、赤は女性というような感じです。

外国ではそんなことはなくむしろ逆、という場合もあるようです。

だから、私たちは無意識のうちに 電気=黄色 という感覚があるのかもしれません。

たしかに、電気って何色?と聞かれて青や白をイメージする人は少ないと思います。

また、黄色は危険な色という印象もあり、雷が怖いというイメージを作るためにも

そうなっているらしいです。

◎質問者からの返答

お答えいただきありがとうございます。

なるほど、確かに色で識別したくなりますね!昔から青や黒は男の色で、ピンクや赤は女の色って教えられているような。最近はランドセルも色んなカラーを自由に選んだり、カチューシャ男子やスカート男子も居たりしてそういった概念がなくなってきてるかもしれませんが(笑)

やはり「雷」=「電気」のイメージは強いですね。

雷の答えそのものより、色を識別しやすい文化に改めて気づかせて頂いた事に感心しました(^_^)


4 ● こうた\(^o^)/
●10ポイント

電気=黄色

というイメージが人間にはあります。


質問のイラストにあるように、

空が黒、雷が黄色と、

黒と黄色の組み合わせには、

「危険」などという意味があります。


根拠は、

http://www.menkyo.ne.jp/menu/kiso/hyoshiki.html

このサイトの下の方にあるように、

警戒標識のような「危険」という標識に使われている色だからです。


なので、危険な雷は、黄色で表現されるのでしょう。

◎質問者からの返答

お答えいただきありがとうございます。

「雷」=「危険」はやはり切っても切れない考えなのですね(^^)

だから雷さんや鬼も虎柄パンツを穿かせるのかな?

標識の危険が黄色+黒なのは貼っていただいたURLで分かるのですが、それを「雷=危険だから黄色と黒を使用する」の「根拠」にするのはちょっと違う気がします。

それは「危険=遠くからでも判りやすく識別できるように黄色と黒を使用する」の根拠にはなっているかもしれませんけどね。


5 ● だいず
●50ポイント ベストアンサー

子供電話相談室 カミナリは何故黄色い?

http://www.tbs.co.jp/kodomotel/science/0076.html


夕焼けはなぜ赤い

http://www.phlab.ecl.ntt.co.jp/master/05_kids/001.html


URLをずらずら並べるだけはアウトーとのことですが、

ついつい並べてしまいますw


近くで見るカミナリは、青い光成分も残っているようで、青くも見えますが、距離を進むにしたがって、波長の短い青い光が減衰して、黄色く見えるそうです。

では、もっと遠くで見ればカミナリは赤く見えるのか? というのも気になって調べました

http://twitpic.com/5rnc6i

赤いのもありますね。

大気中の塵、ホコリが青、黄色をいい感じに吸収し、一番波長の長い赤い光だけが残ると、赤いカミナリになるようです。

空の夕焼けと一緒ですね。


昔はTVも無いため、間近でカミナリを見ることはあまりなかったのでしょう。遠くに落ちるカミナリを見ると、黄色い。 それが普通ということで、カミナリは黄色という印象があったのでしょうな。


現代人はカミナリ写真などで、青いカミナリもよく見ます。

それで青でもいいんじゃないかな?というい疑問が出たのだと思います。

◎質問者からの返答

待った甲斐があった!という感じのお答えをしていただきありがとうございます。

自分の疑問が小学生が考えていることと同じだったということがちょっぴりショックですが(笑)

URLをずらずら並べるだけはアウトー…なのは、何もお言葉を添えていただけず、ただ単にURLを羅列しただけのものを言っているので(しかもウィキペディアだったり;)だいずさんのお答えはそれとは全く異なりますから(^_^)むしろ解りやすいURLを貼って頂け、解りやすくご説明も付いているので大納得いたしました!

自分が見ているのが近場の雷ばかりだったと知って、なかなかデンジェラス(笑)

まだまだどうでもいいような疑問がたくさん渦巻いてますので、今後も目に留まりましたらナイスなご助言お願いいたします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ