人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

グリー。モバゲーについて質問します。
今後スマートフォン化が進み、アップルやアンドロイドといったプラットフォーム、すなわち売上の30%程度をアップルやアンドロイドが抜く環境で、どのように利益を上げていくのでしょうか。
iOS上のグリーやモバゲーのゲームをやってみましたが、彼ら独自の通貨(グリーコインやモバゲーコイン)を流通させるため、iTunes StoreやAndroid Marketを経由しない、ブラウザ経由のアプリ配信、そしてほとんどがiModeのゲームの焼き直しでした。そして提供されているゲームは紙芝居のようなゲームばかりで、クオリティは見劣りします。
このような状況の中でグリーもモバゲーも大きな利益を上げて、大規模に人材を採用していますが、どうやって今後利益を確保していくのか、、、皆様の考えを聞かせてください。

●質問者: duckdown
●カテゴリ:インターネット ゲーム
✍キーワード:Android Market iOS iTunes Store ほと アップル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mdfmk
●100ポイント

個人的にDeNAのほうしか興味が無いので、そちらについてだけ書かせて頂きます。

モバゲーを運営するDeNAですが、ngmocoを買収してます。

http://jp.techcrunch.com/archives/20101012dena-acquires-ngmoco/


ngmocoのスマートフォン向けアプリの開発ノウハウ(しょぼいゲームばかりじゃなくなる)もそうですが、

plus+もDeNAの傘下ということになりますし、

ngcoreというandroid/iOSのクロスプラットフォームSDKも手に入れていますので、

両方に展開したいデベロッパーにとっても魅力的なプラットフォームになります。開発コストが半分になるので。


ユーザにとってはandroidケータイを持っている人がiOSユーザと同じゲームが出来たり、やはりメリットがあります。

つまり、従来のモバゲーへのイメージから想像しにくいですが、売れるプラットフォームになっていくと思われます。


しかし、duckdownさんが指摘されているように、レベニューシェアリングをどうするかですね。

従来はデベロッパー:DeNAで、7:3だったのですが、これにAppleやGoogleの取り分が入ってきます。

デベロッパー:DeNA:Apple/Googleで、5.5:1.5:3になるか、4:3:3になるのだと思います。

ですがやはりデベロッパーからすると、クロスプラットフォームへ展開できる。というメリットがありますね。


DeNAの戦略についてはこちらでほぼ分かります。

https://developer.dena.jp/pdf/mobage_open_forum_moriyasu.pdf

◎質問者からの返答

ありがとうございます。リンクのPDF大変役に立ちます。やはりAppleやGoogleに手数料もっていかれるとなると、現在の7:3の維持は難しい、よって短期的には利益率が低下する可能性がありますね。

長期的には、そもそものターゲット(日本+国外)を大きくして利益総額大きくすればOK、、、といったことを経営層は考えているのかな、とちょっと思いました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ