人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

コンピュータの歴史として、
汎用機→サバクラ→Webアプリの流れがあると思いますが、
汎用機とWebアプリは、「必要な処理は中央で集中して処理する」という点で
似ていると思います。しかし、コンピュータの歴史の流れとしては汎用機→Webアプリとはならず、
間にサバクラが入っています。
こうなった主な要因は現代のブラウザが汎用機の時代には存在しなかったからでしょうか?

●質問者: katetyan
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:Web たか アプリ コンピュータ バクラ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun

まあそういえますが、そもそも初期のコンピュータは入出力装置としてタイプライタ、あるいはカードリーダとプリンタであって、入出力の両方ができる「画面+キーボード」ではなかったですね。

そして、今のウェブアプリは、中央で仕事をするといっても、手元にあるのは、単なる「画面+キーボード」ではなく(なにしろパソコンなので)ある程度のことはやっています。この「ある程度のこと」(グラフィックを描くとか)ができるようになるにも、「サーバー+クライアント」以後のグラフィックボードが入っているパソコンが必要になっています。


2 ● TransFreeBSD

Webアプリも、昔のCGIのはホスト/端末的ですが、今時のJavascriptやflashを使ってるようなのはC/S的ではないでしょうか。

基本的に、標準化と多様化が交互に進みます。

昔のホスト/端末モデルでは端末がテレタイプライタを元にしていました。

それが、端末が高機能になる事でホストと端末の関係が見直されC/Sモデルとなり、多様化しました。

そのうちにWebサーバ/ブラウザの組み合わせが標準的になり、この枠組みで様々なサービスが再実装されます。

しかし、そのうちにflashやajaxが出現し端末側が高機能化し、動的なUIが構築されていきます。

最近はtwetterクライアントのように専用アプリケーションも出現しています。

今はまだ、それなりに多様ですが、少しずつ認証方式など標準化が起こっています。

いずれ、それらを取り込んだ汎用的アプリケーションが登場し、またサービスが再実装されるのではないでしょうか。


3 ● papavolvol

汎用機の本体と端末との間は、専用線で結ばれていました。

クラサバも専用LANで結ばれていることを想定されていて、公衆ネットの使用は当時は想定していませんでした。

Webアプリは、専用線や仮想専用線(VTN)なども使われますが、公衆インターネットの使用を前提としています。

クラサバが主流であった時代の公衆ネットワークと言えば、NTTのISDNは64Kでした。そのネットワークの独占が日本の法律で守られていたのです。それでも電話回線を使うよりは2倍早かったのです。通信料金も従量制や時間課金で、当時の1日の通信料金は現在の1月の通信料金よりも高かったのではないでしょうか?

現在は、一般家庭でも100Mの光ケーブルが来ているのが当たり前ですよね。定額制も当たり前です。

ネットワーク技術の進歩と、通信の自由化・規制緩和が、Webアプリの稼動を可能にしたのだと、私は思います。


4 ● Baku7770

回答者には申し訳ないですが、#a1から#a3までは間違っているというか、視点が幾つも抜けていますね。

まずは、通信費の問題。この点で#a3は救いようがありますが、当時の通信費用って現在とは違って、べら棒に高かったんですよ。現在のインターネットユーザは4千円で毎月楽しめますが、あの当時は1分10円、それに電話回線費用が加わって3分40円というのが公衆回線での費用でした。

これを何時のだったかは忘れましたが、1990年代のG7でインターネットを一般に広げようという決議がなされて、国内ではNTTに圧力をかけて6?7千円の定額制が導入されてというのが、かなりWEBアプリへ進めたということになります。

ですからインターネット以前の時代のパソコン通信時代なんて、通信費用を10万円個人で支払っていましたからね。

2番目はハードウェアの価格。今では数万円で買えますが、1980年代後半に私がパソコンを担当しろと言われた頃は、大体一式で百万円と見ていました。プリンタ、ソフトを含めてです。

そういったものを含めて考えると、職場の1人1台なんてありえなく、事業所間の通信をできるだけ抑えるしかなかったんですね。

次にパッケージ技術の問題があります。あの当時のパッケージは殆どがそのままでは使い物になりませんでした。経理で『大番頭』という大ヒット商品が生まれましたが、販売管理となると業界毎に帳票や電文のフォーマットが違っていましたから使い物にはならなかったんですね。

そのため、パッケージと言ってもカスタマイズが前提とされていました。

その当時、htmlエディタなんてありませんから、どうしてもWEB対応というのは考えられませんでした。

ここまでが、中堅未満の企業の事情です。

汎用機、オフコンを導入済みだった企業の場合は更に深刻でした。資産が膨大過ぎたんですね。現在でも多いですよ。移行できないままでいる大手企業は。

中堅企業の場合、プログラムの内部ロジックが分っていないところの方が遥かに多いんです。

最初はベンダーに作らせますからドキュメントも揃っていますが、途中自社で手を加えた箇所にはそんなものはないというのが殆どでした。

そのため、特にオフコンからサバクラへの移行キットというものが売られました。基本はCOBOLです。

そういった幾つもの事情が重なり合ったことによるものです。


5 ● saijyoh_739

> 汎用機→サバクラ→Webアプリの流れがあると思いますが、

Webアプリってクラサバを前提にしてますよ。

というか、クラサバって一つ一つのサービスについての話で、システム的には分散モデルです。

例えば、名前解決(DNS)やメールサーバ・ウェブサーバ・ファイルサーバ・SQL(RDBMS)など機能毎に分散して処理しています。(一つのサーバで全部行う事も可能ですし、それぞれ別のサーバで運用する事も、あるいは一つの機能を複数のサーバで実現する事すらできます)

ウェブアプリもインターネットの技術を前提に(基盤にクラサバでDNSやらDBMSやらメールサーバやら動いている環境で)使いますし。

それぞれのサービスを見ると、メーラとメールサーバであったりウェブサーバとブラウザであったりとサーバ・クライアントモデルで様々なサービスが実装されていて利用・運用しています。

ウェブサービスはそんな分散環境上で実現されています。


> こうなった主な要因は現代のブラウザが汎用機の時代には存在しなかったからでしょうか?

ウェブアプリはクラサバが根付いてクラサバでできた基盤の上に乗っかる形で実現されています。ウェブアプリが単独で存在しているわけではありません。(ウェブアプリもDNSやらRDBMSやら使いますよね)


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ