人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

明治では、教育にどれくらいの予算を割いていたのでしょうか

●質問者: surippa20
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:予算 教育 明治
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
●50ポイント

明治政府における教育費予算≒文部省予算として回答します。

Google ブックスの 國の予算: その構造と背景(財政調査会、昭和25年) 130ページ、別表1 から、明治中央政府の文部省予算の部分を抜き書きします。


年度一般会計文部省予算額比率(%)
明治23年82,1251,1651.4
明治33年292,7505,8352.0
明治43年569,1549,0091.6

(単位:千円)


明治23年以降、10年刻みですが、1.4?2.0%という低い水準で推移していたようです。


ご参考になれば幸いです。




追記です。(8月5日、午前1:50)


文部科学省の 学制百年史 [第二編 第一章 第十節 一] より引用。

明治以降昭和二十七年度までの中央における教育財政の推移をみると、国の教育費の国の財政に占める比率では、明治初年の二%台から始まり、明治年間はだいたいにおいて二%弱であった


2 ● suppadv
●50ポイント

日本は明治時代に国家予算の 33% を. 教育に割り当てていた

http://home.hiroshima-u.ac.jp/cice/publications/JEF7report1.pdf

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ