人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ネットでの副収入を得た時の確定申告について。
会社からの給料以外にネット(アフィリエイトやブログライター、ポイントサイト等)で収入を得た時、年20万未満の収入なら確定申告をしなくてもよい事は分かりました。
ですが、例えば月1万程の副収入を稼ぎ続ける事で副業禁止の会社にバレないのか気になっています。
年20万未満で申告をしなかった収入は、収入を得ていないと同じ事になるんでしょうか。
申告する必要のない収入は、一体どうなるのか気になっています。
20万未満の副収入は申告しなくてもよいとはいえ、1円でも稼げば副業だと思うのですが大丈夫なのでしょうか。
その収入記録が残って、会社にバレる等、自分が不利になるのか心配しています。


●質問者: spider29
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:アフィリエイト サイト ネット ブログライター ポイント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● mdfmk
●25ポイント

http://tax.xrea.jp/fukugyou.php

会社によって解釈が違うようなので、うまく聞いてみてはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

うまく聞けないので質問してみました。


2 ● km1981
●15ポイント

大丈夫ではありません

明らかなルール違反ですから会社から処罰されると思います


貴方に対価を払っているネット会社は支払い記録を持っています

税務監査などで支払い記録の提出を要求されれば提出します

その記録から貴方が副収入を得ていることがバレると思います


たかが年20万円未満のためにルールを破るというのは

少し変だと思います

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

会社が副業禁止なら、ポイントサイトで1円でも稼いだらダメという事ですか。


3 ● eakum
●25ポイント

まず、この回答はけっして法的/制度的な調査を行ってのものではなく、spider29さんが法的な根拠として頼れるものではないことをお断りした上で...


問題の切り分けができていらっしゃらないようなので...

>年20万未満で申告をしなかった収入は、収入を得ていないと同じ事になるんでしょうか。

税務署的、税務的にはそう言えます。たとえばフリー・マーケットなどで私物を売り続け月1万ほどの収入を得続けたとしても、その程度の「収入」に税務署は興味を持ちません。景品やちょっとした懸賞金についてと同じようなものです。収入と経費と所得をわざわざ計算するまでもない軽微な収入に対して、納税者/税務署双方の無用な労力を省くための取り決め、といえるでしょう。


>その収入記録が残って、会社にバレる等

どこから会社にバレるか、逆に考えてみればわかります。当然、特別徴収、にしてらっしゃるでしょう?普通徴収にしてればそもそもその事自体が会社から副業を疑われる原因になりますからね。ASPなどは自分たち/spider29さんの役所/税務署には支払い記録を提出しますがspider29さんの会社に対しては何らの報告義務などないわけですから。


>1円でも稼げば副業だと思う

「業」の解釈は個々の会社次第ですが、「ブログを書くのが趣味」という人にその趣味が会社の業務に社員のエネルギー上差し支えるから、と趣味まで規制する会社はないでしょう。懸賞やフリマやパチンコ等で小金を稼ぐのと同様に。個人事業主としてアフィリエイトを「業」としていない限り、それが「副業」として咎められるとは思えません。ただ、ブログ等で会社の業務上知り得る特殊/専門的な知見/情報をネタにしない、ということは気をつけられるべきでしょうが。


ただ、理論武装するよりはむしろ、同僚・きさくな上司などに雑談まじりに相談なされればそれに越したことはないですね。

◎質問者からの返答

詳しい回答ありがとうございます。

ASPやポイントサイト等、ネットで収入を得て自分の銀行に振り込んでもらう時に、例え少額でも振り込んだという記録が私の役所、税務署に支払い記録として提出されるという事。

税務署に振り込み記録は残るが、その振り込み額が年20万未満なら申告しなくてもよいと。

で、会社にばれるばれないは住民税の増額で発覚する。

というわけですね。


4 ● newmemo
●30ポイント ベストアンサー

収入と所得は意味が異なっています。説明の便宜上、単純化しますと、20万円の商品を仕入れて23万円で売却した場合、収入は23万円ですが、所得は3万円ということになります。収入は売上という風にお考えください。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

しかし、サラリーマンであっても次のいずれかに当てはまる人は、原則として確定申告をしなければなりません。

2 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

こちらで説明されていますように、所得が20万円を超えるかどうかが判断基準です。収入ではありません。


年20万未満で申告をしなかった収入は、収入を得ていないと同じ事になるんでしょうか。申告する必要のない収入は、一体どうなるのか気になっています。

所得=収入ー経費

所得は収入から経費を控除した金額です。仮に経費が掛からなくて0円だったとします。毎月1万円の収入がありましたら、所得も同額となり年間で12万円の計算になります。その場合、確定申告は不要です。元々雑所得は無かったものとされます。この点はご安心ください。但し、医療費控除を適用する為に確定申告をした場合、少額であっても雑所得を含めて申告しなければならないです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

収入というよりかは所得というものなんですね。

そして、毎月1万円程度の雑所得なら年20万未満な為、申告は不要。

その所得は無かった事に出来るという事ですね?


5 ● seble
●30ポイント

単純な副業禁止規定に法的根拠はありません。

正しいルールなら守るべきですが、間違っている(違法性のある)ルールを守る義務はありません。

http://q.hatena.ne.jp/1312245030

もちろん、法律を守らない人や会社は世の中にごまんとありますけどね。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

そもそも副業禁止にする事自体が違法ということですか。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ