人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

トヨタがここまでのメーカーになったのは
奥田碩さんのおかげがサビ残までやらされた従業員のおかげか、
どっちだと思います?

●質問者: tobufan
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:サビ残 トヨタ メーカー 奥田碩
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ginlove421

よくわかりませんが、私はどっちかの努力がかけたらここまで大きくなってはないと思います!

最初は従業員じゃないかなぁ?って思ったんですが、

奥田さんがいなかったら、従業員の苦労がさらに負担がかかったと思います。

変なこと言って申し訳ございませんでした。


2 ● papavolvol

私は経営者のおかげだと思います。

日本には自動車メーカーが、確か8社あると思います。社員はどの会社も、同じように優秀で勤勉で、努力を積み重ねていると思います。しかし、その中でトヨタだけが、収益も生産台数も突出しているのは、やはり経営者の差だと思うのです。

日産自動車は、経営者がカルロス ゴーン氏に交代して、一転して収益の出せる会社に生まれ変わりました。その前後で社員の能力や努力は変わりなく優れていたと思います。

もちろん、その経営者を支えたのは、社員たちです。トヨタのクルマは、社員たち、下請け、孫請け、季節労働者、派遣たちの、血と涙と汗からできているのだと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ