人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

γスペクトロメトリ装置の仕様でCHという表現を良くみますが、これは、入力のA/Dコンバーターの分解能をいっているんでしょうか?なお、このCh番号と、放射線のエネルギーはuniversalに対応しているのでしょうか?たとえば ch600番はセシウム136という感じで、http://www.telatomic.com/nuclear/ucs30.html

●質問者: youkan_ni_ocha
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:Universal エネルギー コンバーター セシウム トロ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● km1981
●100ポイント

デジタル測定のチャネル数です

横軸に波長をとったときに分解できるチャンネル数なので

「分解能」といってもいいかもしれません

http://www.kagaku.com/koken/img/graph_2.gif


>ch600番はセシウム136という感じで

そうなるとは限りません

たとえば1024チャネルのスペクトロメーターがあったとすると

基線(0ch)と帯域(1024ch)をどの波長に割り当てるかによって

ch600の位置は変わってきます


2 ● kappagold
●100ポイント

分析精度の表示です。

多ければ多いほど、結果が正確に出てくるような物です。

Ch番号という考え方ではなく、分析能の高さと考えるのがよいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ