人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

蝉の寿命が短い理由は、あの大音量の鳴き声と関係があるのでしょうか?

●質問者: tt4kmi
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:寿命
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● rsc

こちらは参考になるでしょうか。蝉の寿命は地中も入れると実は比較的長い。それから、メスは鳴かないらしい。

●笑い豚: 蝉の寿命

http://popeye.mo-blog.jp/waraibuta/2006/07/post_a479.html


2 ● chinjuh

本当のことは誰にもわかりません。

なぜ人間の赤ん坊は9ヶ月もお腹の中にいないと出てこないのか、

誰にも答えられないのと同じです。


ただ、ひとつ言えることは、昆虫というのは

成虫になったら結婚して交尾して卵産んだら仕事が終わるんです。

成虫になってからも長生きする昆虫もいないことはないですが、

交尾したら死んじゃう虫が多いです。

セミもそのひとつです。


セミは幼虫時代が(種類によって違いますが)数年間あるので

昆虫としては寿命が長いほうです。

長い幼虫時代に体作りをして、

たった一回の交尾と産卵にかけるのですね。


成虫になってからの寿命は、鳴き声の大きさとはあまり関係ありません。

カゲロウの成虫は俗に三日の命などと言います。

だいたい一日?三日くらいで交尾して死んでしまいますが、

セミと違って鳴きません。鳴き声と寿命は無関係です。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ