人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

連帯保証人かどうか確認する方法。
親が自営業を営んでおり、借金があります。
昔、私が連帯保証人の意味や重さを全く分かっていなかったのが問題なのですが、銀行に連れていかれ書類にサインさせられた記憶があります。
家を助けるためにサインが必要、ぐらいしか聞かされていませんでした。
現在私は30歳になるのですが、結婚を考えていてこの問題を放置するわけにはいかなくなりました。
家庭を持っている状態で親の借金が降りかかってきたら、間違いなく終了です。
親に直接聞いても、お前には絶対負担はかけないと言っているのですが、もし私が連帯保証人ならそんな甘いものではありません。
連帯保証人か?と私が親に何度聞いても明確な答えが返ってきません。
現在も返済が滞っていると親に聞かされるのですが、私はそれを聞く度に不安で仕方がありません。
私が親の連帯保証人かどうか知りたいのですが、どうすればよいのでしょうか。
今までも現在も、ちょくちょく親の借金返済が滞っている状態です。
もし私が連帯保証人ならこんな事が今までに起こっているはずとか、ありますか?
多分これだけでは情報不足だと思いますので、その都度加えていきます。

●質問者: spider29
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:サイン 不安 借金 放置 方法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●38ポイント

銀行に連れていかれ書類にサインさせられた記憶があります。

身分証明を見せて、印も押しましたか? その時に収入がありましたか?

上記が全てイエスなら、まず間違いなく連帯保証です。確認する必要もないぐらいと思います。


学生で収入も無く、身分証明も見せず、印も不要で、サインだけということなら、連帯保証の確率は低くなります。

未成年者であったなら、連帯保証人にすることは出来なかったはずなので、おそらく大丈夫です。



確認するなら、身分証を持って銀行に行って、親の借金で自分が連帯保証人になっているはずなので確認させて欲しいといえば銀行もむげには断れないと思いますよ。

◎質問者からの返答

全てイエスでした。

親に確認を何度も行なっているのですが、「私達が返せなくなってもお前には借金を払わすといった内容の保証人ではない。」と言います。

でも連帯保証人なら私に負担がきますよね。


2 ● mdfmk
●38ポイント

返事が曖昧な時点で間違いなく連帯保証人になってます。

それ以外返事をはぐらかす理由はありませんから。


腹をくくって、親の面倒を見る事にしましょうよ。

◎質問者からの返答

連帯保証人なのに借金返済の催促がないのは、親がまだ生きているからでしょうか。


3 ● mirakurutoshiki
●38ポイント

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2643622.html

役立ちますか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

熟読させていただきました。

借りている場所に聞くか、弁護士に依頼するという回答が多いですね。

もう少し間接的に分かる方法があるか調べています。


4 ● Yoshiya
●38ポイント

銀行の貸付に対する融資であれば、全国銀行協会の信用情報機関(全国銀行個人信用情報センター)に取引情報(銀行からの融資に関する情報)が登録されています。


本人開示の手続について(全国銀行個人信用情報センター)


登録情報開示報告書の見方について(PDF)の3ページ目

f:id:Yoshiya:20110811234650j:image


信用登録情報は郵送で取り寄せる事ができますので、一度お調べになってみてはいかがでしょうか?

(主たる債務者はお父様だと思いますが、質問者さんが連帯債務者になっているかもしれません。 まずは質問者さんの信用登録情報を取り寄せ、その上でお父様の信用登録情報を取り寄せて下さい。 ただし、信用登録情報は原則として本人以外には開示しないので、お父様の信用登録情報はお父様本人又はお父様の同意を得た代理人が開示請求を行う事になります。)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

調べてみます!

負担をかけないと言っている理由は、所有している土地や建物等を担保にいれているという事なのかもしれませんね。

全て売り払ったら返済できると思っているのかもしれません。


5 ● yucon
●37ポイント

全ての金融機関ではありませんが連帯保証人に対して「保証残高のお知らせ」として年に1回程度保証残高を郵送にてお知らせしています。今まで一度もそういうお知らせを受取らなかったら保証人である可能性は低いのではないかと考えられます。

また銀行へ直接行って確認する方法が一番だと思います。私も金融期間で融資担当をしていますが「離婚をするのだが夫の連帯保証になっていないか?」や「保証人から脱退できないか」等の相談も少なくありません。保証人であるかどうか、保証残高は現在いくらか等については本人確認さえできればお答えさせてもらってます。概ねどこの金融機関でも対応は同じだと思います。

「負担がかからない保証」いうことなので物上保証(連帯保証人ではなく担保提供者)として署名捺印をされたのかもしれません。金融機関に新たに担保として差し入れる物件の一部か全部にあなたの所有権があり「担保提供者」として担保差入書や(根)抵当権設定契約書に署名捺印をされた可能性もあります。

一度金融機関の窓口にご相談に行かれることをお勧めします。きっと親切に応対してくれるはずですし そのようなことを息子さんが聞きにこられたなんて事は決してご両親に漏れません。

間接的な方法としてはご両親の所有する不動産の「全部事項証明(登記簿謄本)を法務局で上げてみてはどうでしょか、所有不動産全部を把握するには「固定資産明細」(固定資産税の請求書とともに同封されている明細)や市町村の税務課で固定資産台帳を閲覧したり、評価証明を取ったりして所有不動産を特定して謄本を確認し(根)抵当権の金額や、ご自分の持分登記の有無などを確認して保証人の可能性を導き出してください。

長文回答ですみません。

以 上

◎質問者からの返答

とても貴重な回答ありがとうございます!

yuconさんの文章を何度も読んで、今後の行動に参考にさせていただきます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ