人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

グリーモバゲーについてお聞きします。
スマホやPSP, DSなど表現がリッチなゲームを楽しもうと思えば色々とあるにも関わらず、imodeに毛が生えたようなしょぼい画面が多いガラケーゲームに何故人はお金を払うのでしょうか。
無料にして間口を広げて、色々なゲームをプレイしてもらって、結果好きなゲームを見つけてもらう。そしてそのゲームをより快適に進めるために少額のアイテムや時間短縮にお金を払ってもらう、、、といったことは論理ではわかります。しかし、しょぼい画面の紙芝居みたいなポチポチゲームに、お金を何故払う気になるか、という点がやっぱりわかりません。考えが腹に落ちません(ちなみに私も色々グリーモバゲー試しています)。
そこで、ガラケーのグリーモバゲーにお金を払ったことがある方は、「何故お金を払ったか」「お金を払った結果、どのように満足したか」について教えてください。


●質問者: duckdown
●カテゴリ:コンピュータ ゲーム
✍キーワード:ds PSP お金 たか とある
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● mirakurutoshiki
●1ポイント

お金をはらって楽しいとゆうのは回答ロワイヤルとか

http://www.yahoo.co.jp/

◎質問者からの返答

質問読め


2 ● Hamachiya2\\%\\'\\"\
●15ポイント

まず携帯電話は「電話である」という点で、DSやPSPに一歩も二歩も優位性があります。

普段それほどゲームをしない人が携帯ゲーム機を持ち歩くでしょうか。持ち歩きませんよね。

携帯はみなさん持ち歩きます。

そんな状態で、電車内など移動中に手持ちぶさたな時、遊ばれるのが携帯向けのゲームサイトです。

メール確認するついでに、そのまま片手でポチポチとできますからね。

ここまでが前提。


たしかに仰るとおり画像も内容もショボいんです。

昔のcgiゲームとかそれに近い。

だけどメインターゲットとなるユーザーは、

「移動中などの手持ちぶさたな時間に」「携帯ゲームしかやらない」人達なんですね。

PSPのモンハンがどれほど優れたゲームだろうが、彼らにとってはあまり関係がない。


たしかに携帯向けゲームって100本あったら90本くらいはつまらないんですよ。

けれど最近はゲームバランスが練られているものが出てきていて、例えばGREE上でKONAMIが出してる「ドラゴンコレクション」などは、ルールこそ単純ですが、

さすが古くからゲームを作っている会社だけあって、非常によくバランスが練られており、またハマらせ方と煽り方が上手い。


まず離脱させない。継続させる。習慣化させています。


たとえば「ランチタイムガチャ」といって、みんながアクセスしやすい昼時にアクセスするとタダでアイテムを貰えるなどして毎日のアクセスを習慣化させています。

またプレイヤーは限りのあるゲーム内の体力を使って、ゲーム内のタスクを消化していくわけですが、ゲーム内とはいえ「タスクを消化する」という作業は快楽を感じるのだと思います。


だけどこの体力、使い切ると時間を待って回復するしかありません。

逆に体力の上限以上は回復しないため、全部回復したまま放置しておくのは「もったいない」んですね。

だから時間がくると、ユーザーは「もったいない」から、わざわざ体力を消費する為に、そしてタスクを消化する為にゲームに戻ってきます。


このような、あの手この手の「お手軽な成功体験」で依存させた後、次に課金するとさらに有利に成功できることをチラつかせます。


ユーザーには常に小さな目標が設定されています。

たとえば秘宝集め。

これ6個集めると、より強くなれるレアカードがもらえますが、

だいたい6個目が集まらない。

するとバトルで他人から奪うしかないんですね。

これがなかなか勝てない上に、逆に奪われまくります。

5個たまって後1個かと思えば、5分後には4個に減っていたり。

このあたりもバトルのマッチングなどで、アクティブなユーザーを優先的に出すなどのコントロールが上手いのだと思います。


では、どうすれば勝てるか?

課金すると簡単に勝てるカードが手に入るんですよね。

そこでの売り方もまた「いまから3日間限定で他よりも強いスーパーレアが手に入る」などという煽りを上手く入れています。

そんなこんなで人はガラケーゲーム(の一部)にお金を払っているのだと思います。


あ、そうそう自分が何故お金を払ったかってことですよね。

上記の習慣化+煽りにやられて+酒飲んで理性が緩んだ時などですね。

人間、一度課金してしまうとタガがはずれて、次はもっと気軽に課金するようになってしまいます。

パチンコとかと似ているんでしょうか。


ちなみにそのドラコレ、月8億ほど売り上げているそうですよ。

http://www.konami.jp/products/sns_gre_dragoncollection/

◎質問者からの返答

体力上限もったいない心理、レアアイテムいまゲットしないともったいない心理、などよく言われるようにお財布を開かせるための行動心理学を極めたようなところがありますね。またそもそものターゲットが既存のゲームファンではないので、リッチであるかどうかはあまり関係ない。素晴らしいコメント感謝!


3 ● annnnnnna
●14ポイント

ファミコンからゲームに入って、現行HD機も携帯機もひと通り揃っていて、色々なジャンルをまんべんなく遊ぶタイプですが、モバゲーやグリーのゲームにもお金を払ったことがあります。

http://d.hatena.ne.jp/annnnnnna/

まず言いたいのは「ゲームをしたい=可能な限りリッチなゲームをしたい」ということではないということです。家に居ても、1プレイ1時間もかかるようなゲームよりちょっとつまみ食い程度のゲームがしたいというときもあります。DSやPSPのゲームも簡単に中断が可能なせいか、最近は1プレイの長いゲームが増えてきたように感じます。

という状況から、ゲーマー的にもああいったものをプレイしたい瞬間があってもいいと思うのです。

本題の「何故お金を払ったか」という話から少しずれるかもしれませんが、だいたい月に2万円くらいゲームに使う(新作2?3本程度)として、1000円2000円程度をモバゲー・グリーに使うことがそれほど重大な問題とは思えない。というのが個人的な意見です。

「どのように満足したか」という質問に対しては、「満足感はなかった」ですね。お金払ってちょっと先までの内容を見ると大抵「なんだこんなもんか」となって急速に飽きるケースが多いです。

結果的にはそれまで一時的でも楽しめた分の感謝の気持ちということにしています。

一瞬も楽しいと思う瞬間のなかったゲームにはびた一文払う気にはなりませんから、この質問の意図したいところが分かる部分もあります。

◎質問者からの返答

ゲーム好きからのご意見ありがとうございます。確かに私もゲームが好きですが社会人になって以後は簡単にはじめられて簡単にやめられる隙間時間ゲームしかやっていないことにきづきました。作ってくれた人への投げ銭的な意味でお金払うという点は、面白いです!


4 ● たつや
●14ポイント

・リッチなグラフィック=おもしろいゲーム ではない

・コンシューマーのひとりでやるゲームは虚しくなる

・いつでもどこでも空いた時間にすぐできる

・レアアイテム、レアカードをゲットしてみんなに自慢する

・ランキング上位に入ってみんなに自慢する

・課金するまでの流れがスムーズ(クエストする→APなくなる→回復薬購入リンク)

・課金が数クリックでできる

・定期的にイベントがあって飽きさせない

・ゲームのコミュニティーで交流できる

・ガチャとかランダム要素があるので欲しいやつが出るまで課金し続ける

・みんなでやるから楽しい。コンシューマーで爆発的に売れてるモンハンとかポケモンもみんなでやるゲーム

http://twitter.com

◎質問者からの返答

みんなが集まる場の機能が非常に重要という意見と理解しました。知らない人とのちょっとしたメッセージのやりとりも、つながっている感を演出できて効果的ですね。感謝!


5 ● poultry_research
●14ポイント

ガラケーのグリーモバゲーにお金を 払ったことがある方は、「何故お金を払った か」

短時間ででき、つかれない。隙間の時間にでき、面白い!


http://q.hatena.ne.jp/touch/answer


「お金を払った結果、どのように満足し たか」

ファミコンやスーファミのゲームを思いだし、なつかしくなった。


30代のライトユーザーや、学生のライトユーザーにはあれくらいのゲームがやりやすいのでは?

◎質問者からの返答

>30代のライトユーザーや、学生のライトユーザーにはあれくらいのゲームがやりやすいのでは?

これは同感です。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ