人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「JRPGタイプのソーシャルゲームは、世界に通用すると思いますか?」

グリーモバゲーのかなりのゲームをJRPG(日本特有のRPG)をソーシャル風にアレンジしたものが占めます。

-モンスターを倒す(ミッションクリア)で経験値をため、武器や防具を装備することでキャラクターを強くし、ボスを倒していく。戦闘はターン制でリアルタイムでない。

グリーモバゲーからすると、こうしたゲームは収益性が高いと思います。
1、キャラクター強化アイテムを重ね売りできる
2、時間がたつと回復する行動力という概念を追加し、行動力回復アイテムを重ね売りできる

しかし世界で売れているゲームを見ると、少額(99セントなど)で購入すると制限なくプレイできる、行動力やアイテムが不要な、JRPGではないゲームが主流です(例:Angry Birdなど)。グリーモバゲーの成長は、日本のユーザーがJRPGソーシャルゲームを好んだことが原因ではないかと思うのですが、こうしたJRPGは世界に通じると思うかどうか、また「こうアレンジすれば通じる」といったアイデアをお教えください。

ちなみにグリーモバゲーをやっている人は情弱とかいう意見は不要です。

●質問者: duckdown
●カテゴリ:コンピュータ ゲーム
✍キーワード:Bird JRPG RPG かい アイテム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● おかず
●50ポイント

JRPGタイプのソーシャルゲームは、今は通用しますが、時が経つに連れて通用しなくなると思います。


JRPGが時が経つに連れて通用しなくなる現象は、据え置き機のゲームやオンラインゲームですでに起こっています。これは、昔はウィザードリィ・FF・ドラクエのようなJRPGが主流でしたが、今では、JRPGが海外で通用しなくなり、Fallout 3やMASS EFFECTのようなリアルタイム制のRPGが主流であることから分かります。

なぜ、JRPGが時が経つに連れて通用しなくなるかというと、昔はゲームの技術力が低いためためJRPGタイプのRPGしか作れなかったのに対し、技術力が向上している今では、リアルタイム制のRPGが作れるようになっているからです。

つまり、昔はJRPGで妥協していましたが、今ではリアルタイム制のRPGが楽しめるようになったということです。


では、ソーシャルゲームの話に戻しましょう。

現行のソーシャルゲームの技術力は低いのでJRPGのようなRPGしか作れません。しかし、時が経つに連れてソーシャルゲームの技術力が上がると、海外で主流になっているリアルタイム制のRPGが作れるようになり、JRPGは海外で通用しなくなるでしょう。


なお、あなたがおっしゃっているJRPGの課金制はリアルタイム制のRPGでもできます。なぜなら、ソーシャルゲームの課金制は、リアルタイム制のRPGが多いオンラインゲームの課金制を踏襲したものが多いからです。


参考: JRPGとは何か - Iwatamの個人サーバ

JRPGと海外で主流になっているリアルタイム制のRPGを比較して、JRPGの問題点を指摘した記事です。

◎質問者からの返答

コメントありがとうございます。私の質問で重要な点が抜けておりました。正しくは下記となります。

「JRPGタイプの『携帯』ソーシャルゲームは、世界に通用すると思いますか?」

私は携帯JRPGのライバルはリアルタイムRPGとは考えておりません。Angry Birdのような一面一面が短く、オフラインになってもプレイできるスマートフォンネイティブの画面がきれいな隙間時間ゲームがライバルになるのではないかと思います。リアルタイムRPGは、携帯ですと電波が頻繁に入ったり切れたりするので、携帯でプレイすることを考えるとライバルにはなりえないのではないかと思います(反論お待ちしています)。

また、質問に対して質問返しになってしまい恐縮ですが、下記お教えいただけると助かります。

・携帯で利用可能で、かつ成功している(幅広いライトユーザーを獲得している)リアルタイムRPGがありましたらお教えください。


2 ● おかず
●50ポイント

もう一度回答させていただきます。


ガラケー(あなたのいう携帯)だけに限定すれば、技術的な問題でJRPGやライトユーザー向けのゲームしか作ることができませんので、JRPGのソーシャルゲームは成功すると思います。


しかし、現在はガラケーからスマートフォンへ移行している時期ですので、ソーシャルゲーム(モバイルゲーム)の技術力が上がっていきます。それにしたがって、様々なゲームが作れるようになるので、結局JRPGは世界で通用しなくなります。


また、あなたは、RPGはオンラインでプレイすることを前提して、JRPGのライバルはリアルタイム制のRPGではなく、オフラインになってもプレイできるライトユーザー向けのゲームだとおっしゃっていますが、オフラインになってもプレイできるゲーム(あるいは、オフラインでプレイすることを前提にプレイすることを前提にして、オンラインでもプレイできるゲーム)は、RPGやライトユーザー向けゲームに限らず、ほとんどのゲームで作ることができます。

実際、オフラインでプレイするすることを前提にしていて、オンラインでもできるゲームは、スマートフォンが普及する前から存在しています。(例: DSのポケモン)

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。色々と考える切り口をいただきました。感謝です!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ