人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

司法試験合格者は司法修習生を経て裁判官、検察官、弁護士になると思うのですが、合格後、どのように振り分けられるのでしょうか?

裁判官や検察官は定員があると思うので、合格者といえども希望したら誰でもなれるわけではないと思います。採用面接のようなものもあるのでしょうか。裁判官、検察官になれなかった人が弁護士になる、という一面もあるのでしょうか。


●質問者: kenji_matsumoto
●カテゴリ:就職・転職 政治・社会
✍キーワード:司法修習生 司法試験 合格 希望 弁護士
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● seble
ベストアンサー

又聞きのうろ覚えですが、裁判官は定期的(3年だったかな?)に転勤しなければならないので人気が無いようです。検察も同様。

一番は民間である弁護士なので、公務員を志望するなら逆に希望が通りやすいのかと思います。

基本はあくまで職業選択の自由で本人の自由ですから、裁判官などの希望が異常に多いような事態にならない限り、特にどうこうという事にはならず、誰か裁判官やってくれないかな?、みたいな感じになるのだったと思います。

◎質問者からの返答

なるほど、転勤のない弁護士が人気あるんですね。

裁判官や検察官といった公務員は、基本的に定年退職者の補充でしょうから、採用人数もそれほど多くないんでしょうね。定員割れしないようにうまいことやってる、といった感じなんですかね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ