人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

PICの暴走対策
最近PIC16F88を使った回路(AC100VをスイッチングACアダプタでDC9Vにして、3端子レギュレータで5Vを作っています)を組みました。
卓上の蛍光灯と同じ電源タップ(AC100V)に繋ぎ蛍光灯を点灯すると、PICのプログラムが暴走します。
別の電源タップに繋いだ場合は問題なかったです。
蛍光灯からのサージみたいな感じだと思うのですが、、、どう言う原因が考えられるでしょうか?同じ電源タップに繋いでも暴走しない対策はありますでしょうか?

●質問者: アルミ
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ACアダプタ DC PIC スイッチ タップ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● mdfmk

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6204668.html

電子回路に関する知識が乏しいので、役に立ちそうなページを探してきました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

リンク先、参考になりました。

ノイズフィルタを入れるのが良い様です。


2 ● くまっぷす
ベストアンサー

その通りで多分蛍光灯の点灯時のノイズが原因の誤作動でしょう。

http://nice.kaze.com/degen-ac-adpt_07.jpg

などが考えられます。

もしくはいっそ蛍光灯をやめちゃうとか(w (インバータータイプにするだけでも相当違います)。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>電源部分にセラミックコンデンサを追加する

PICのVddとVssの所に、コンデンサを言う事でしょうか?現状で0.1μFが入ってますが足りませんか?


>ACアダプタの出力線をフェライトコアに巻きつけてみる

フェライトコアを探して試してみます。


>もしくはいっそ蛍光灯をやめちゃうとか

全くその通りなんですが、根本的な原因と対策を知りたくて質問しました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ