人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

デパケンR400mg、ジプレキサ5mg、レボトミン5mg、トリプタノール25mg、エチセダン0.5mg、ロヒプノール1mg、ガスモチン5mg、レキソタン1mgを処方されました。最近この処方に変わったのですが、この医者は信用しても大丈夫でしょうか?

●質問者: wnoguchi
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:エチセダン ガスモチン ジプレキサ デパケンR トリプタノール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● yuuki-0013
●10ポイント

医師が安全性が確認できるなら、たぶん大丈夫だとおもいます

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● sloto
●10ポイント

精神科を受診されたのですね。

やる気が出なくて鬱になっているため処方されるお薬です。

トリプタノールなど一部強いものが混じっていますが、

あなたの症状や前の処方がわからないのでアドバイスのしようがありません。

そのあたりの情報を教えてください。

◎質問者からの返答

直近で2度目の自殺未遂を図ったのですが、前はアモキサンやデパスだったのがこの処方に変わりました。

実家で療養するか、別の病院で入院していくのかどちらかを選択しろともと言われました。

結局私は厄介払いなのかなと思っています。


3 ● sloto
●10ポイント

なるほどです。

今の医師は、強力ですが副作用の症状が強い薬を出していますね。

現在の医師の反応を見る限り、強めの薬を出して厄介払いしたいと考えている。とあなたが考えるのは自然です。事実そうでしょう。なるべく数をこなすことに念頭を置いている人のようですね。

前の医師は、効果があり、副作用が比較的弱い薬で継続的に治療しようとしています。

もしあなたの話を比較的親身になって聞いてくれたりしたのなら、その医師は患者のことを考えている医者でしょう。

私があなたなら前の医師に診てもらいたいと考えますが、なぜ今の医師に変えたのです?

セカンドオピニオンなどの理由でしたら、前の医者に戻すべきです。

◎質問者からの返答

その医師は同一人物なのですが・・・。

自殺未遂をしてからこの処方に変わりました・・・。


4 ● sloto
●70ポイント ベストアンサー

すみません。返答を読み違えました。

自殺未遂をしてから2件の医者にかかわり異なる処方をされたのではなく、一人の医者に投薬治療中に2度目の自殺未遂をしたことを伝えたら強い薬を出されたのですね。

2回目の医師は初回の診療でいきなり強い薬を出したのかと思いました。

あなたがかかりつけている医師は、前の処方では鬱を脱却できないと考えて薬の強さを引き上げたのでしょう。

厚生労働省が精神科の医師に対して自殺未遂患者へのガイドラインを作成していますが、これでは重度の患者に対しては入院を含む様々な組織と連携して治療するように定められています。

テンプレートに則って、最初は軽度だと考え、その後重度の患者に対するケアへと切り替えたのですね。

ならばその医師は信用できます。

◎質問者からの返答

おはようございます。

ありがとうございます。

薬のおかげで症状もだいぶ安定してきました。

もう少し医師を信用して治療を受けていこうと思います。

本当にありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ