人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ソーラーパネル(3V)からUSB(充電用)に変換する物を作りたいのですが、色々サイトをみても、コンデンサーや抵抗などそこら辺は、あまり詳しくないのでわかません。そこで、3Vのソーラーパネルはそのまま使用し、出来るだけ安くつくる方法を教えてくれませんか?

●質問者: さりょう?
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
✍キーワード:コンデンサ サイト ソーラーパネル 方法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ぽけっとしすてむ

※自作ではなく、分解・改造をするアイデアとしてご覧ください

例えば、

トップランド_コードプラス充電器foma用

のような商品は、単三電池2本(3V)を変換して出力しています。

しかし、太陽電池自体の出力が少ないので、上手く動作しないと考えられます。

そこで、

SANWA SUPPLY SBT-ST1FSBK ストラップソーラーチャージャー (FOMA、SoftBank)

このような完成されている商品を分解して、パネルの変更・USB端子に変換する手もあります。

くどいようですが、一つのアイデアです。改造・分解は推奨していませんし、動作保障もありません。


2 ● じゅぴたー

USB給電の規格は5V,最低500mAです。

したがって、ソーラーパネルの出力電圧が3Vなら、電流は834mA以上必要です。

この点をクリアできているかどうか確認してください。


条件がクリアできていれば、「3V→5V昇圧装置」を作ります。


出来合いので良ければ、DC-DCコンバータモジュール「TPS61200」が利用できます。通販で945円です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ