人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

初歩的な質問で恥ずかしいのですが、「控除」についてお尋ねいたします。

「扶養控除、医療費控除、扶養控除などの所得控除」や「住宅ローン減税による市民税の控除」、「生命保険料による控除」など、税金関連で控除というキーワードをよく目にします。

この控除ですが、基本的なことがよく分かっていません。所得税の場合、以下のような計算で税額が決まると認識しています。

(所得額)×(税率)=(所得税額)

控除とは、以下のいずれでしょうか?

A. (所得額ー控除額)×(税率)=(所得税額)

B. (所得額)×(税率)=(所得税額)の結果から控除額を引く

C. いずれでもない


いろいろな場面で出てくる控除を見てみると、AとB、両方のケースがあるように思えます。所得税、市民税など、税金ごとに控除の意味合いが違うのでしょうか?

一言で結構です。ズバリご回答いただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします!

# 「控除とは...」などでいろいろ検索しましたが
# 詳しいページが多く基本が分かりませんでした




●質問者: Mugicha2004
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:キーワード ズバリ 一言 住宅ローン 医療費控除
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● モノクロBLUE
●20ポイント

A.とB.です

控除は分けると取得と税額の二つがあります。

で答えは取得=A 税額=Bになります


http://okwave.jp/qa/q428438.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A7%E9%99%A4

http://www.tohoho-web.com/shotoku.htm

◎質問者からの返答

ふむふむ、やはりAとB、両方の場合があるのですね... 後ほどリンク先を拝見します。


2 ● mdfmk
●5ポイント

A. です。


http://www.city.funabashi.chiba.jp/kurashi/zei/0002/p000866.html

分かりやすい図も見つけてみました。

◎質問者からの返答

Aだけと考えて良いのでしょうか? Bのケースもあるような気がするのですが...


3 ● JULY
●50ポイント ベストアンサー

控除と言っても、大きく分けると所得控除と税額控除があります。

控除 - Wikipedia

上記ページの「引くことができるものによる分類」に書かれています。


所得控除であれば「A.(所得額ー控除額)×(税率)=(所得税額)」、

税額控除の場合は「B.(所得額)×(税率)=(所得税額)の結果から控除額を引く」になります。

◎質問者からの返答

おおっ! やはり両パターンあるのですね。Wikiの内容ははちょっと敷居が高いですね... 「税額控除」という言葉は初耳に近いです。


4 ● きゃづみぃ
●5ポイント

Aですね。

http://tt110.net/22syoto-zei/T-syotokuzei-keisan.htm


5 ● じゅぴたー
●40ポイント

Aを所得控除、Bを税額控除と呼び、両方あります。

お気づきのように、所得税・住民税(所得割)については所得控除(A)で、住宅ローン減税では税額控除(B)となります。


所得控除は基本的な税に対して用いられ、税額控除は例外的な減税措置に対して用いられると考えてください。

その他のケースとしては、以下の国税庁の説明をご覧ください。

◎質問者からの返答

「所得控除は基本的な税に対して用いられ、税額控除は例外的な減税措置に対して用いられる...」の箇所が、とても分かりやすいです。私なりですが、だいぶイメージがつかめました。ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ