人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

川下りに関して風評のニュースを見ましたが、これは「消費者の予防としての行動」なのかやはり「風評」なのか、どうなのでしょうか
(普通に動物としても予防的な動きをするのは、ある部分では分からないでも無いのですが。そういうものではないのでしょうか)

●質問者: surippa20
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:ニュース 動物 普通に 消費者 風評
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770

どちらかというと風評被害だと私は考えます。

というのは、何故今回の事故が発生したのか分析・理解されないままそのような行動に至っているからです。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011082290144029.html

今回の事故というより事件の根本原因は、事件を犯した天竜浜名湖鉄道は静岡県の第三セクターで、会長は静岡県知事であり、社長は天下りでしょう。

ですから、事故直後に社長が救命胴着の着用義務を知らなかったと釈明しています。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110818/dst11081818400020-n1.htm

つまり、(多分)県から天下ってきた社長に誰も物申せない。県も適性から社長に相応しい人物を社長にしたのではなく、年功序列と高齢でボケかかって役に立たなくなったのから順番に天下りさせるというのが、この世界の一般常識です。

だから、本当に「消費者の予防としての行動」なら、第三セクターの扱う商品全般に対して疑うという行動になるはずです。

今回のように単に川下りで5人死んだ、近々似たような事故が起きるかもしれない、危ないから控えようといった行動なら風評被害で良いでしょう。

◎質問者からの返答

大変参考になります。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ