人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://q.hatena.ne.jp/1315016727#a1099184
この回答を読んで、ランキングトップになると辞めていく人が多いことに驚きました。
そこには、どんな心理が作用していると考えられますか?

●質問者: Gleam
●カテゴリ:はてなの使い方 インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● mdfmk
●40ポイント

・トップになると間接回答拒否が増えて回答しようがなくなるので別アカウントを作ってそちらに移行する。

・トップを取って満足して抜けていく。

・欲しいものがポイントで買えたので回答をやめる。

・やり過ぎたなと、自重する。


あたりですかね。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

どれも的確な見解だと思います。


2 ● ? ????<だ
●50ポイント ベストアンサー

まず回答ランキングでトップ圏内に入ろうとするためには、「相応の回答数をこなし、各回答についてもそれなりの質が要求される」ことになります。

ただ、挙げられた質問でも触れられていますが、どうやら「人力検索はてな」では余り特定のユーザが目立ちすぎるのを好まない風潮?があるようで、トップ圏内に入っていることを妬んでなのかは分かりませんが、ランクインしたユーザを「回答拒否」にするユーザも少なからずいるようです。

好ましくない回答者を拒否する - 人力検索はてなのヘルプ


直接的に「回答拒否」されると、1ヶ月間の期限付きとはいえ「間接回答拒否」機能が働いてしまいます。この機能が働くと思ったよりも回答ができなくなります。

回答ランキングでトップ圏内に入っているユーザであれば、やはり次月以降も同様に回答したいと思うでしょう(ポイント・カラースターその他回答をする目的は色々あると思います)が、これらの回答拒否機能によって、やはりモチベーションが阻害されてしまいます。


となると、回答ランキングトップに入ったアカウントについては、「使い物にならない」と判断し別のサブアカウントなどに切り換えてしまうのではないでしょうか。

(実際にメインアカウントとサブアカウントとの関係は本人が自分で申告するか、よほど回答の文体などに特徴が滲み出ている等でも無ければ分かりませんし。)


上記の状況がこれまで何年か続いてきた結果、「ランキングトップになると辞めていく人が多い(別アカウントに乗り換えている?)」という状況が生み出されてしまったのではないかと思われます。

※回答拒否機能は2005年9月から導入されており、既に6年近く機能しています。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

詳細に鋭い考察をしてくださって感謝いたします。

とても的確に真実を捉えていると思います。


3 ● shirop
●15ポイント

短期集中型の人が集中して回答しランクインし熱が醒めて辞めていくのでは?最初からランクインするのが目的で、それが達成すればそれで満足。そゆう人が多いのかと。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

確かに、そういう人もいるでしょうね。


4 ● おやまあ
●20ポイント

頻繁に回答すると、それだけ回答数も多いので人の目につくし、回答拒否を食らう可能性も高くなるのでは?と思います。それで、やめるor名前を変えるです。

あとは、その人のリアルでの生活環境がかわって、はてなで費やす時間がもてなくなる、という場合もあるかと思います。やっぱりそれだけの回答数をこなすのは時間がある人しかできません。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

確かに、時間的な問題もあるでしょうね。


5 ● you1031931
●10ポイント

はっきり言ってたくさん回答している人は

適当に回答しているように思えます

なぜかというと

たまに回答する人は1つ1つ丁寧に答えてくれるイメージがあります

しかし、たくさん回答している人は量が多いので自然と1つ1つの回答を考える

時間が減ります

それで信頼感をなくして拒否されるんじゃないかと思います

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

たくさん回答していても丁寧な人もいます。

たまにしか回答してなくても適当な人もいます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ