人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

t検定をするときに、tの値がマイナスになったときは、t分布表ではどのように判断したらよいのでしょうか。

●質問者: zeamizm2003
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● takihama

通常、絶対値で考えて(マイナスを取ってしまって)問題ありません。


(以下補足)

「通常」と書いたのは、片側検定と両側検定の場合で考え方に違いがあるからです。

t値はt分布上の右側(上側)にあるときはプラスに、左側(下側)にあるときはマイナスの値をとります。

通常は両側検定を行うと思いますので、プラスだろうがマイナスだろうが関係ありません。しかし、片側検定を行う場合にはt分布上で右側にあるのか、左側にあるのかが重要になってきますので絶対値で考えることはできません。

この場合は立てている帰無仮説により対応が異なってきます。


まぁ、上記補足が「なんのこっちゃ?」という場合には両側検定をやっているはずですので無視して問題ないと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

補足をいただいて、更に理解が深まりました。嬉しいです。


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ