人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

強制終了時の HDD への悪影響
私が知っているのは「HDD の磁気ヘッドは、プラッターの回転により発生する風でわずかに浮き上がっている。(ロード・アンロード方式では)電源を切ったときには、磁気ヘッドが外側の退避位置に格納されてからプラッターの回転が停止する」ということだけです。

※私の HDD は電源切断時に「カチャッ」という音(磁気ヘッドの格納音か)がするので、停止時に磁気ヘッドとプラッターが接触する CSS 方式ではないと思います。

【質問】強制終了した場合、磁気ヘッドとプラッターが接触して、プラッター表面が損傷することはありますか。

●質問者: honeyhunter
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● papavolvol
ベストアンサー

HDD の破損には、物理的破損と論理的破損があります。

物理的破損については、質問者の方のおっしゃるとおりです。ヘッドが安全に退避すれば、ディスクとヘッドの接触による物理的破損はありません。

論理的破損とは、キャッシュにある情報が全部ディスクに書き終わらない間に、HDD の電源が切れてデータが失われて起こります。NTFSエラーなどの、ファイルシステムエラーです。どの番地にどのデータを書いたかを記録する情報と、実際に書き込まれている情報が食い違う現象です。軽度の場合には CHKDSK で回復します。重傷だと複数のファイルが開けなくなります。ディスクにアクセスできなくなることになる可能性もあります。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。やはり傷つきますよね… BIOS 自体が起動しないことがあってたまに強制終了します。論理的破損についての説明にも感謝します。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ