人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

聖徳太子は老衰で死んだのでしょうか・・・

●質問者: Cross
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● gtore

こちらはご参考になりますでしょうか。


聖徳太子は推古天皇30年(622)2月22日、太子の妃・膳大郎女の死(2月21日)を看取った翌日病没したとされます。

どのような病気で亡くなったかは、定かではありません。

推古天皇が太子暗殺に関与した説、死の前に太子自ら磯長廟(しながびょう)の造営を視察し、完成を急がせたとこからの自殺とする説もあり、死因は明確ではありません。「天寿国曼荼羅繍帳」によると、同じ月のうちに母、妃、太子が合葬で陵に葬られており、死から埋葬までの殯(もがり)の期間が短く、新たな陵をつくらずに合葬の形をとるのは、暗殺などで「異常な死」を遂げた貴人を葬る場合が多いとされ、3人いた妃の中でも最も身分の低い膳大郎女と合葬された点でも、太子の死が尋常ではなかったことを示しているといわれます。

ただ、推古天皇29年(621)12月、太子の母・穴穂部間人皇女が病没。翌年の正月22日、太子(前年暮れ頃より病に伏し、斑鳩宮に引きこもりがち)が病に倒れてしまい、妃の膳大郎女の懸命の看護もむなしく、太子は衰弱する一方であり、その看病をしていた妃・膳部大郎女も過労(看病疲れ)で倒れた、とあります。

母、妻・太子本人が短期間に相次いで病に罹り死去していることから、当時流行していた流行り病(はやりやまい。現在の新型インフルエンザのようなもの?)に感染してしまったのでしょうか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1433909229


2 ● スパロウ

対外の歴史上の人物は、病死や戦死が多いので、聖徳太子も老衰というのは0%ではないかもしれないですけど、病死かもしれないです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ