人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜYouTubeでは13歳未満のユーザーのアクセスを認めていないのですか!参考URL↓
http://www.google.com/support/youtube/bin/answer.py?hl=ja&answer=126262

●質問者: はかせ
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● はしさん

私の考えですが、13歳以下は正しい判断ができない可能性があるからではないでしょうか。


2 ● Guy

僕もハッシーくん♪に同感です。

あとYOUTUBEは、色々な方が見ますし、

幼い人がおかしな動画を投稿したりしたら迷惑ですしねえ。

もしかしたら、低評価連打したり、意味のない連コメするかもしれませんし。

そもそもニュース番組や芸能番組でYOUTUBEの話題もたまにでてきますからねぇ。

だからこそ13歳(小6)未満をみとめてないのでしょう。


3 ● TransFreeBSD

これはgmailの例ですが、おなじgoogleの運営ですし参考になると思います。

http://www.google.com/support/forum/p/gmail/thread?tid=0c5d26ef8aae2090&hl=ja

簡単に言えば、googleはアメリカの会社で、アメリカの法律で13歳未満とは商売などの約束事が出来ないのです。

日本にいて、googleにお金を払っていないかもしれないけれど、googleがアメリカの会社で、商売でyoutubeをしているのは変わりません。

だから「悪用をしないでください」といった約束が出来ないのです。なぜならその意味を本当に理解できているかわからないし、責任もとってもらえないからです。

(あと「○○したら罰金です」とかも通用しないとか、保護する意味もあります。)


もう一つ、レイティングと言うのもあるかもしれません。

映画のレイティングシステム - Wikipedia

PG-13と言って「13歳未満(12歳以下)の子供の観賞については、保護者の厳重な注意が必要」というような区分けが映画にはあります。もののけ姫やハリーポッターシリーズのいくつかもPG-13ですし、映画の多くがこれかこれ以上となるような区分けです。

youtubeの動画も多くが当てはまると思います。だから、勝手に見れるようではダメなのです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ