人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜ、北方領土の問題は前進しないのでしょうか。新聞もテレビも、例えば視聴率がとれないのでしょうか。それを、関心が無いという風に受け止めているのでしょうか。それとも、もっと他の理由があるのでしょうか。
(考えてみると、日常でロシアの話をする人を見たことが一度も無いのは事実ですが、、)

●質問者: surippa20
●カテゴリ:インターネット 政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770

前進しない理由は幾つもありますが、大きいのは日米が同盟国であると同時にロシアとは第二次世界大戦が国際法上続いているということです。

戦争なんてとっくの昔に終わっていると思われるかもしれませんが、当時のソ連はサンフランシスコ講和条約に署名をしていませんからね。講和が成立していないのですから、戦争は継続中なんです。

日米が同盟国である限り、北方領土を抑えておかないと、冬季に海軍が太平洋に浸出できないですからね。中国とも国境紛争を抱えているロシアとしては絶対手放せない状況にあります。

その割に日本から経済・技術援助が欲しいものですから、時々話題にしてきます。

マスコミも北方領土の話題をしょっちゅうやっていますよ。最近は東日本大震災や菅の退陣?野田就任まで話題に事欠かないので余り取り上げませんでしたが、その直前は尖閣のついでで取り上げられていましたからね。

日曜の朝に時事放談?日曜討論まで閣僚が出てくる報道番組をご覧になれば年に数回は取り上げられています。


2 ● 朝霞(あさか)

もし、ロシアが竹島問題のように、北方領土について、今よりも攻撃的な姿勢をとってくるなら話題になっているかも知れないと個人的に思います。しかし、「北方領土墓参|北方対策本部 内閣府 」というような交流が長年続いていることもあり、また、ロシア側の北方領土に対する姿勢が長年変わらないことも「話題性がない」=いつ報道してもかわらない=あまり取り上げないという状況に繋がっているのではないでしょうか。

また、Baku7770さんが書いてらっしゃるように、サンフランシスコ講和条約の問題もあるでしょう。追加として、国連常任理事国だということが大きいかなと思います。

そういうこともあり、長年外交問題として重要課題ではあるものの、進展がみこまれないこと、緊急課題の山積みによってかき消されているということもあって、一見すると、日本政府が北方領土問題にさじをなげたように見えるかもしれませんね。

実際の所、排他的経済水域のこともありますし、せめて漁業が可能な範囲を広げてくれたり等、先が見えない紛争中というのではなく、一区切りを付けて欲しいという願いはありますね。

一見ゆるぎないものに見える「北極星」も、実際の所はいくつかの星が過去、未来バトンタッチしていくのです。大きな問題も、ほとんど動いていないために目に付かない、気づきづらいものがあると思います。政治経済だけでなく、様々な分野において言えることかも知れませんね。それらについて、「わすれてはならぬ」と時折警鐘を鳴らすことは重要だと思うのですが、情報が飛び交う現在中々難しいことかもしれません。

自分も、久々にgoogleやウィキペディア等で北方問題を調べましたから。いい質問をかいてくだあってありがとうございました。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ