人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕事が忙しく、長い間通院できない為、歯医者にいけていません。
前から不思議に思っていたのですが、
どうして20分程度の治療を何度も繰り返して通わないといけないんでしょうか?

都内に1回で治療してくれる歯医者さんがあったら、教えて下さい!!

●質問者: coldpapper
●カテゴリ:旅行・地域情報 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● にゃぽれおん
ベストアンサー

私も仕事柄忙しくて、通院できなくなるのが嫌なので色々と探したのですが、

自由が丘デンタルケアさんは相談に行ったところ、一回で治療してくれました。

もちろん場合にもよるとは思うのですが、一度相談してみて下さい。


2 ● papavolvol

歯医者が1回で治療してくれないのには2つの理由があります。

1つ目は歯科の治療的な問題です。2つ目は日本の保険医療制度の問題です。

1つ目の歯科の問題を説明します。虫歯などがあると、歯肉などが炎症を起こしたり腫れたりしています。長く歯科医に行っていないと、歯の根元と歯 ぐきの隙間にも、歯石などがたまって歯ぐきが腫れています。その状態で、歯を治療して詰め物やかぶせ物をしてしまうと、炎症が治まったり腫れが引 いたあと、隙間ができてしまいます。その隙間には食事のたびに食べ物が挟まります。ごみがたまりやすくなって口臭の原因になります。さらに、歯周 病の菌が増えてまた歯周病や虫歯になってしまいます。

そのため、歯科治療では、炎症や腫れのおさまり具合を、歯科医という専門家が注意深く観察しながら行ないます。

2つ目の日本の保険制度の説明をします。日本の歯科治療では、まず患者が保険治療を行なうのか、自由な治療を行なうのかを決めます。保険治療で は、治療内容とそれぞれの治療行為の作業で歯科医院の受け取る報酬が詳細に決められていて、患者は通常その3割を、健康保険が7割を支払います。

治療の進め方は保険で規定されているので、歯科医の裁量の余地はあまりありません。例えば、3回に分けて治療するように決められている治療を1度 で治療してしまおうとしても、健康保険が1度には請求できない仕組みになっています。

健康保険で細かく規定されているために、逆に歯科医院としては健康保険で許された最大の治療を行なおうとする傾向があるのは事実です。歯科医院の レジのコンピュータは、「この治療をした患者さんには、この治療も行なうことができます」などと表示してくれるものもあるそうです。ひどい場合に は、その画面で「はい」などと押すと、実際には治療していなくてもその治療を加算してしまう悪徳歯科医がいるといううわさがあります。明細を チェックするようにしてください。中には患者には追加分を請求しないが、健康保険には請求する歯科医もいるそうです。保険の明細もチェックしてく ださいね。もしも保険治療で一回で治療してくれたとしたら、保険には3回通院したことにして請求している可能性が高いです。

ご存知のように、日本の健康保険は高齢者の増加に伴って火の車です。保険診療はとてもけちけちです。だから、収入を増やそうと無理をする歯科医が 出るのかもしれません。都会で保険治療だけを行なう歯科医が、多く廃業していますね。

日本の保険治療では、前歯以外のかぶせ物がグレーの色をしています。白い歯を治療して、白いものをかぶせるのが当たり前だと思います。日本の保険 治療だけはグレーです。グレーのかぶせ物が、安くて丈夫で安全なのだそうです。ただ、グレーのかぶせものをするのは、先進国で日本だけだと思いま す。もしも、今後欧米に行かれることがあったら、グレーのかぶせものはかなり恥ずかしいです。私や家族には、ここでは節約しないで、迷わず白いか ぶせ物を使うようにします。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ